「OMRCこどもエコクラブ」

OMRCでは、1999年から沖縄のお子様たちと自然について学ぶ「OMRCこどもエコクラブ」を行っています。 このクラブの活動のなかで3年前から「移動水族館」をテーマにしています。 子供たちと「移動水族館」を開催するために、4月から勉強や生き物採取などを行い、8〜9月にかけて福祉施設などを訪問させていただいた上で、この移動水族館を披露させていただいています。 数年前に初めて実施したところ、ご披露した施設の方々がとても喜んでくださったことから、毎年実施するようになりました。
この移動水族館の披露させていただく施設様を募集したいと考えて、地元の新聞社「琉球新報」さんにお願いしたところご快諾いただいただけでなく、わざわざおいでいただき取材までしていただきました。
新聞紙面に掲載いただいたので、今日は問い合わせたくさん来ています。また、琉球新報さんのHPでもご紹介いただいています。記事をシェアさせて頂きましたので、ご紹介いたします。

 

https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-783310.html

 

 

 


ドルフィンウィッシュ

OMRCでは、地域の福祉団体や子供団体を自然体験プログラムに招く「ドルフィンウィッシュ」と呼んでいる社会貢献プログラムを実施しています。今年はルネッサンスリゾートオキナワ30周年ということで、毎月30日にご招待を実施しています。7月30日のドルフィンウィッシュがご取材いただいて掲載されたのでご報告です。

 

 


2018.7.8台風8号

皆様、お問い合わせが多くなっている台風8号の進路予想です。

猛烈な台風と表現される台風8号が沖縄に接近中です。

 

 一時、沖縄本島直撃コースだったので、心配しておりましたが、現在の予測は以下の通りです。

予測の中心をとおるとは限らないので、まだ沖縄本島に接近する可能性はありますが、

現在の予測では、最接近は10日の正午前後ですが、沖縄本島からは300〜400Kmほど離れて通過する予測です。

強風圏が半径380kmとなっているので、強風圏に入るか入らないかのコースですので、暴風圏にまで入る確率はかなり下がりました。

 また。このコースではルネッサンスリゾートオキナワの位置では、山方向からの風ですので強風圏に入っていても

プログラムへの影響も軽微かと思われます。 雨が無いとは言えませんが、一時的な雨ですむような気がします。

 

 あくまで現時点での予測ですので、少しコースが変わっても大きく天候に影響ます。ご参考までにお願い致します。

 

 

 


2018年台風6号

今年は、例年にないところで台風が発生して接近します。

今回の台風6号は台湾の西で発生してから、沖縄接近です。

2018年6月16日 6:00 気象庁発表

 

「沖縄 直撃!」 です。 でも、この台風は992ヘクトパスカルと弱い上に、このコースだとルネッサンスリゾートオキナワは、山からの風なので、海は荒れないです。 現在、風もなく海は静かですよ。 しかし、台風の右なので雨は多いです。 今年の梅雨は雨無かったので、恵みの雨かもしれません。 予報では最接近する昼以降で雨も少なくなり、遠ざかります。 最接近すぎると風向きが変わり吹き替えしになりますが、 この進路ならば、それほど影響はでないかもしれません。 強い台風ならば、過ぎた後に海が荒れるパターンなんですが、それほど荒れないかもしれません。

 でも、注意は必要。 台風は接近時よりも通過後に海が荒れる事が多く、水難事故も多くなります。 

 

 OMRCの開催するプログラムは、外洋でイルカと泳ぐオーシャンドルフィンアドベンチャー以外は、通常通り開催しています。

 

 


NGシーン集2

こんにちは、今回の担当は渡辺ですひらめき

 

3月も中旬、年度末ってみなさんも何かと忙しい時期ではないでしょうか?

OMRCのスタッフもみんなお忙しそうな様子…汗

春休みの準備、新年度の打ち合わせ、担当業務の引き継ぎなどなど。

そして僕も担当業務の締め切りが近付いています。年に3回のこの時期がやってきました。

そう、OMRCのニュースレター『ハロードルフィン』の発行です!!

 

毎年恒例この時期になるとニュースレター担当者は「もうそんな時期かー!!」と焦ります笑

さらに試行錯誤して作った内容の中には、お蔵入りしてしまった写真たちも…泣

 

ということで今回もまた以前発行の際に紹介した

ニュースレターNGシーン集をお届けします!(以前のものはコチラ

 

まずは後ろ姿が凛々しいハルキラキラハルは身体がスラっとしてるので、

全身が写ると写真映えします手しかし顔が見えないので残念ながら…NG

 

次はスーのどアップ!いい感じに撮影できたんですが、口元がびしょびしょ…涙

ヨダレではありません、水を飲んだ直後だったんです笑

 

こちらは日常のワンシーン晴れ

わらびー広場清掃中の野原さんと遊ぶフク

好奇心旺盛・興味津々な様子が伝わってきますね顔

 

最後はお父さんワラビー、モク

見て下さい、この唖然とした顔笑

最近はこどもたちのハルやフクの人気が上昇中矢印のため

写真を撮られるのが久しぶりだったようです。ビックリしたのかな…笑

 

ということで今回は僕の担当ページから、ワラビー特集でしたちゅん

 

次の発行は春桜4月25日を予定しています。

新年度のプログラム紹介や動物たちのトレーニングの進捗状況、様々な活動の紹介など

内容盛りだくさんですので、みなさんぜひお楽しみにキラキラ

 

さあちなみに冒頭に担当業務の引き継ぎ…とあったのですが、

実は4月から僕に代わり、先日3月17日誕生日のあおちゃんこと

奥田葵さんがブログ担当になります!

最後に抱負をお願いしました。

「フッちゅんって笑える面白いブログを書きます手

 

それではみなさん、さようなら〜虹


OMRCこどもエコクラブメンバー募集

 

こんにちは、渡辺ですひらめき

本日はブログ担当としてではなく、こどもエコクラブ担当としてみなさんにご連絡です手

 

本日3月1日から、2018年度OMRCこどもエコクラブのメンバー募集が始まりました虹

 

 

地域の子どもたち、主に小学生を対象に自然体験活動を提供しているOMRCこどもエコクラブは

なんと来年度で20年目を迎えますゆう★

今まで、食育・ものづくり・移動水族館などなど…様々なテーマを掲げ、

子どもたちに自然や生き物、環境などに興味を持って親しんでもらうために活動をしてきましたき

 

そして来年度のテーマは…『移動水族館』!!

去年、一昨年に続き3年目のテーマになりますニコ

1年目は初めてだらけで右往左往…汗2年目は1年目の反省・経験を活かしパワーアップ矢印

そして来年度が3年目です。

2年間の経験・反省をさらに活かし、活動内容もリニューアルして、さらにパワーアップしていきたいと思います=3

気になる詳細はOMRCのHP募集要項を掲載しているので、ぜひチェックしてみて下さいペコちゃん

ご不明点やご質問はお電話でも受け付けていますちゅん

お気軽に渡辺(わたなべ)または新しく担当になった山上(やまがみ)までお問い合わせくださいキラキラ

みなさんの応募お待ちしていますびっくり


沖縄エコファンド

OMRCでは、毎年「沖縄エコファンド」と呼ぶ 助成金に似た活動を行っています。

毎年3~4件の自然保護や研究などの活動に支援させていただいています。

2017年に沖縄エコファンドで支援させていただいた 沖縄県立水産高校での「渡嘉敷産ミナミメダカ復活プロジェクト」の報告書が届いていましたので、皆様にもご報告です。

 

 

沖縄で開催される「第40回沖縄青少年科学作品展」(2018年10日、11日)にもエントリーし入賞(環境奨励賞)しました。おめでとうございます。

沖縄水産高校 生物部の皆さん。頑張りましたねぇ。とてもすばらしい研究だと思います。

2018年にも沖縄エコファンドに応募いただきありがとうございました。 こちらも引き続き支援が決定しておりますので2018年も頑張ってください。 期待しております。


サンゴの移植 研究

OMRCでは、長年に渡りサンゴの移植についても研究しています。

 

イルカたちのペンにあるプラスチック網には、サンゴが育っています。

 

こんな感じです。 プラスチック網はサンゴが育ちにくいのですが、

それでも沢山のサンゴがついてしまいます。

 

これを放置すると、重さで網が破損してしまいます。その為にこのサンゴを落とさなければなりません。

網についたサンゴを落とすことは、法律でも認められていますが、この海底に落ちたサンゴを移動する

事は法律で認められていません。

 これを許可すると「網についていたサンゴ」と言えば採集可能になってしまい、サンゴを守れなくなる

からです。

 

 でも、沖縄県で盛んな「サンゴを陸上施設で養殖して、海に移植する」活動なんですが、移植には

大きな経費が必要です。でも、養殖なんてしなくても「漁網」には沢山のサンゴが、かなり早い速度で

育ちます。 海に垂れ下がった漁網の方が、サンゴが育ちやすいようにも思います。もっと安い経費で

サンゴ増やせるのでは?そして、一番の想いは折角育ったサンゴが死んでいくのは「もったいない」。

何かに役立たないかとも考えました。

 

沖縄県知事に「研究目的」のためにサンゴの採捕許可をいただき、この網についたサンゴを別の場所に

移植する研究を実施しています。

 もちろんすべてのサンゴではなく、限られた1部ではありますが、調査研究に役立てています。

 

網から外したサンゴは、許可いただいた量を正確に測りながら採捕します。

 

そして、ダイビングしながら移植場所に移植

 

 

 

 

こうして、このサンゴが定着するか? そして、大きく育っていくかを観察を続けています。

これによって、サンゴが増えやすい場所、定着しやすい場所がわかれば、同じ移植でも効率よく行える方法も考える事ができるかもしれません。

 現在、この活動は2009年から初めて9年が経過。2018年は研究調査10年目です。

サンゴがすぐに育つわけではないので、地道にデーターを集めていきたいと考えています。

最初は「あなたたちに研究といっても意味は解らないでしょう」と言われたこともありました。

折角、植えたサンゴが白化現象で死んでしまった年もあれば、台風で流されてしまったこと等、毎年問題が勃発。

なんとか9年間続けてきました。今年は、節目の10年目! 今年もがんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


恩納村産業まつり

 

野球シーズン真っただ中の沖縄ですが、 こんなイベントも開催されています。

ルネッサンスリゾートオキナワのある恩納村で行われる産業まつりですが、

これが意外に面白いですよ。 恩納村には多くのリゾートホテルが集まって

いるので、会場では「ホテルカレーフェスタ」も行われており、もちろん

ルネッサンスの特性カレーも出店しています。

 先日の作戦会議では

「去年は○○に負けていた」「バターカレーだったので辛いからですよ」「日本人に一番人気のカレーだよ。辛くなければカレーとは言えない」「だから負けちゃう」「甘くすれば子供さんも食べれる」「んー、甘くすれば沢山売れるけど…」ってやってましたけど、さて、今年のカレーはどんな味に?

 

 地元のイベントですが、もちろん皆さん入場OKです。 機会があれば是非どうぞ。

 

もしご興味があるならば、したのHPでも紹介がありますのでご参考ください。 

 

http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0003045.aspx

 

https://www.jalan.net/event/evt_213947/?screenId=OUW2406

 

 

 

 

 


ティンくん にお手紙届きました。

ティンくん にお手紙届きました。

 

とても素敵なお手紙です。 上手にティン君たちを折り紙にして送ってくれてました。

どうもありがとう!

 写真はお名前を消してあるけどごめんなさい。

 

ティンくんには、ちゃんとお名前も伝えてあります。

ティンくんも「お手紙ありがとう。また会いに来てね」って言ってましたよ。

ティンくんは、文字を書けないので、お姉さんが代わりに聞いてお返事かきますね。

 

 

 



DateYear
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: