観賞魚

皆さんこんにちは!!
土曜日担当の野生児ワッキーです。

寒波の影響で壊れてしまったポンプをやっと修理し終わったので一安心
これで魚を増やす事もできるので、皆さん楽しみにしていて下さい。

本日はまたまた、人気の高い観賞魚を紹介致します
OMRCでも数種飼育をしており、お客様からの人気も高いこの魚

チョウチョウウオ科(学名:Chaetodontidae)

チョウチョウウオといっても全世界には100種以上おり、
日本でも約50種が確認されています。
暖かいサンゴ礁域に生息しており、木の葉のように丸くて薄い体型、
色彩が豊富なのも特徴です

名前の由来はサンゴ礁の中をゆらゆらと飛ぶように泳いでいる姿が、
お花畑を飛んでいる蝶に似ていることからきています
英名はバタフライフィッシュといい、海外でもとても人気が高いです!!

ちなみに学名の由来は、ギリシャ語で「髪の毛」と「歯」と言う意味があります。
なぜこのような名前がついたかと言うと、チョウチョウウオの口の中には、
毛のような歯が生えていることからだそうです


チョウチョウウオの仲間は魚の中でも小型の方。
大きくてもニセフウライチョウチョウウオと言う種類で30cm程にしかなりません

小型魚なので捕食者の大型魚に狙われやすいのですが、
チョウチョウウオの仲間は、体の後方に目玉模様(アイスポット)があることや、
目の周りに黒い線が(アイバンド)が入っていることで捕食者に目の位置を
悟られないようにして生存確率を上げているんです

口はとても小さくプランクトンであったり、サンゴや岩の隙間にいる小動物の
エビやイソギンチャク等をかじって食べています

ここ、OMRCではふやかしたペレットを与えていますので
リーフガーデンにスタッフがいた際にはご飯のシーンと一緒に
魚たちをよーく観察してみて下さいね!!

see you next week


関連する記事
コメント
コメントする








   

DateYear
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: