だっぴっぴ(閲覧注意)

さあ、今週も水曜日がやってきましたほっしぃ
みなさん、こんにちは!!
前田ですわらう

ルネッサンス リゾート オキナワには「海風」というレストランがあり、
そこには大きな水槽がありますさかな
この水槽の管理はOMRCスタッフが行っているのですが、
先日、こんなものを渡辺さんが持ってきました!!

じゃじゃーんビックリマーク



ニシキエビですエビ
と言っても本物ではなく、抜け殻なのですが……ちゅん
大きさはどのくらいかというと、



吉岡さん、襲われております……笑
かなりの大きさなのがお分かりいだけるかと思います!!
約50cmもありましたよあ

ニシキエビに似ているゴシキエビについて、
去年の12月に三浦さんが紹介していましたきらきら
詳しくはコチラ↓
http://diary.omrc.jp/?eid=2615

実はニシキエビのように脱皮する生き物がOMRCに生息しているんです!!



まるで”G”との通称で呼ばれているゴキ○リのような姿をしている、
この生き物の名前をご存知でしょうかはてな
答えは……
フナムシです!!

名前の中に「ムシ」が入っていますが、昆虫ではなく、
甲殻類(エビ・カニなど)の仲間なんです!!
世界の温帯から熱帯の海岸に生息していて、日本では7種類が発見されていますレッド
エラ呼吸をし、海岸に住むイメージから泳げると思う方もいるかもしれませんが、
長時間泳ぐことは出来ません汗
なんと15分もすると、溺れて死んでしまうんですDocomo_kao18

雑食性で、藻類や魚の死骸などを食べるので
「海のお掃除屋さん」とも言われています掃除
天敵にはカニ、イソヒヨドリなどの鳥類、魚類がいます!!
フナムシでよく魚が釣れるので、釣り餌としても重宝されていますき
そのため、昔は夜に集団で寝ているところを捕まえて、漁をする人もいたそうですにた

同じ甲殻類でもニシキエビとの違いは、
ニシキエビは背中側からいっきに脱皮をします。



一方フナムシは、上半身→下半身の順で2回に分けて脱皮するんですkyu

同じ仲間でも種類によって、生態も脱皮の仕方も違って面白いですよねひらめき
ぜひ、皆さんも生き物を探して、その近くに抜け殻がないか
チェックしてみてくださいねハート

コメント
コメントする








   

DateYear
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: