テリハボク開花

 ルネッサンス リゾート オキナワのテリハボクが開花し始めました。
 テリハボクとはオトギリソウ科の常緑高木で、別名タマナと呼ばれることもあります。材が堅く木目が美しいことから、家具や装飾材としての利用価値も高いです。また、耐潮性もあるため、石垣島や宮古島では防風林、防潮林としても利用されているそうです。
 このテリハボク、毎年7〜8月に花を咲かせます。約3〜4cm、白い花びらと中央の黄色いおしべはよく目立ち、この花を見かけると「いよいよ夏本番!」という感じがします。
 みなさんもこのきれいで夏らしいテリハボクの花を探してみてくださいね♪

関連する記事

DateYear
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: