ユウナの木

 もう1週間経ち、土曜日になりました。8月もあと4日ですね、早い、早い。
今日はユウナの木オオハマボウを紹介します。

 オオハマボウは潮風に強い為、海岸の波打ち際ギリギリのところでも咲く植物です。沖縄では海岸の植物が生えている場所をユナやユウナと呼びます。このユウナに生える木という意味で、沖縄ではユウナの木オオハマボウと呼ばれることが多いようです。

 樹皮の繊維が強いことから、昔は縄を作る材料に、また敷物や織物としても利用されていたようです。








 これがオオハマボウの花です。ぱっと見は「ハイビスカス?」と思いがちですが、良く見ると花びらや葉の形が違います。

 この花、開花時は鮮やかな黄色をしていますが、時間が経つにつれ、色が少しズづ変わっていきます。花の寿命はだいだい1日。散ることになると「同じ花!?」と思うほどの変化が・・・・・・。



 なんとこのオオハマボウ、散る前に赤く染まるんです!!
なぜ色が変化するのかは不明ですが、ユウナの木を見ると、咲いている花は全部黄色で、落ちている同じ形の花は真っ赤という不思議なことになります。お客様からも「この花はなんという花ですか?どこに生えていますか?」と時々聞かれますが、落ちている花の真上に木があるんですね。

 
 ユウナの木と似た植物でヤマユウナと呼ばれる花があります。オオハマボウと同じアオイ科で、種名はフヨウと言います。花の形もよく似ていますが(薄ピンクの花が咲きます)、ヤマと付く通り、生えている場所が違います。オオハマボウは海岸(ユウナ)でしたが、フヨウは山側に多いようです。オオハマボウが海岸に生えることからユウナと名が付き、そのユウナの木に似ていることからフヨウがヤマユウナと呼ばれるんですね、名前の由来とは不思議なものです。フヨウはホテルに生えていないのですが、今度写真撮ってきますね。


プルメリア

 さて、土曜日となりました(1週間早いっ)!!ホテル植物紹介のお時間です!!
 今日の主役はプルメリア。
 
 ハイビスカスに並ぶ熱帯を代表する花木の1つです。Tシャツやカバンのデザインにもよく使われるので、みなさんも1度は見たことがあるはず!

 花言葉は「気品」。その名の通り美しい花が咲きます(私も大好きな花です)。本当は気品のあるOMRCスタッフと一緒に写真を撮りたかったのですが、OMRCには気品のある人が見当たらず・・・・・(笑)気品はかなりレベル高いですね。プルメリアに似合う人になれるよう頑張るぞ~!!







 プルメリアには白系、黄色系、赤系などさまざまな色の品種があります。花の大きさは約5cm、大きな葉も特徴の一つです。
開花時期は7月~10月なので、ちょうど今が見ごろ。ホテルの中だと、正面玄関、ビーチカウンター後ろ、ドルフィンショップ横のあたりで見る事ができます。多分この3ヶ所だと思います。

 みなさんもこの気品のあるプルメリアに癒されてくださいね。

覚えてみよう!アラマンダ

 土曜日なので、ホテルの植物を紹介します(先週お休みしましたが・・・)。
 
 今日はアラマンダです!

 アラマンダはキョウチクトウ科の植物で、大きな黄色の花が咲きます。一瞬「ハイビスカスかな?」と思いがちですが、よく見ると花びらの形や葉が違いますね。
 沖縄では58号沿いや高速道路沿いでよく見られ、道沿いに咲いたたくさんの黄色い花が目を引きます。(おっと、運転中は危険ですよ!)開花時期は4月〜10月ごろなので、冬の時期以外はほぼ見る事ができます。



 さてこのアラマンダ、ちょっと覚えにくい名前ですよね。OMRCのスタッフはこの名前を覚えるときにある単語を使って覚えます。

 まず1つ目はアナコンダです。アナコンダとアラマンダって似てますよね?アナコンダ、アナコンダ、アナ・・・・・・アラマンダとなります(笑)。

 続きまして2つ目あら、マンタ!マンタを見つけちゃった風に)です。ちなみに私はこちらでした。あらマンタ、あらマンタ、あら・・・・・・アラマンダとなります(笑)。

 嘘のようですが、アラマンダを覚えたスタッフはこの2種類の方法どちらかです。
 みなさんもこの方法でぜひこのアラマンダを覚えてみてくださいね。


七変化の花

 先週の土曜日に紹介したあかばなぁに続いて、今週は七変化する花ランタナを紹介します。
 今後も毎週土曜日はキレイな植物を紹介する日にしようかなぁ・・・・・・(検討中)

 ランタナの原産国は南米で、琉球王朝時代に持ち込まれたと言われています。現在では野生でも多く見ることができ、ルネッサンス リゾート オキナワ内でも見ることができます。

 ランタナの特徴は、この可愛らしい花!!よく見ると直径0.5〜1cmの小さな花が集まっているのがわかると思います。このランタナの花は外側から少しずつ咲きます(左の写真は中央部分がまだ咲いていません)。

 
どうしてこのランタナが七変化と呼ばれるのかというと・・・・・・





 右の写真を見てください。花の中でオレンジになっているものがあるのわかりますか?でもこのオレンジの花は咲いた時からこの色だったわけではありません。

実はこのランタナ、花が咲いた後、日が経つにつれ色が変わっていくんです!!これも咲き始めと同じで花の外側から。
 黄色だった花が少しずつオレンジになり、全部がオレンジ色になった後は、また外側から赤色(濃いオレンジ)に変化します。

 日に日に花が開花し、色が変わっていく姿から七変化と呼ばれるようになったんですね。



このランタナは黄色〜赤以外にもたくさんの種類があります。白〜紫、白〜ピンク、薄ピンクから赤などなど・・・・・。みなさんも沖縄にお越しの際は、この七変化の花を探してみてくださいね。

あかばなぁ(ハイビスカス)

 「南の島の花」と聞いてこのあかばなぁ(沖縄の方言名)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。あかばなぁは沖縄のいたるところで見る事ができます。しかし、原産は沖縄ではなくインド中国南部だと言われています。もともとは防風林として畑や家の周りに植えられていました(花は可愛いですが、枝が太くて丈夫なんです)。今では品種改良も進み、花びら大きさなどが異なったさまざまなあかばなぁを見ることができます(800種以上あるそうです、すごい)。
 今日は天気もいいので、ルネッサンス リゾート オキナワのあかばなぁを紹介します。





どの花も太陽の光をいっぱい浴びて、気持ち良さそうに海風にゆれていました。

テリハボク開花

 ルネッサンス リゾート オキナワのテリハボクが開花し始めました。
 テリハボクとはオトギリソウ科の常緑高木で、別名タマナと呼ばれることもあります。材が堅く木目が美しいことから、家具や装飾材としての利用価値も高いです。また、耐潮性もあるため、石垣島や宮古島では防風林、防潮林としても利用されているそうです。
 このテリハボク、毎年7〜8月に花を咲かせます。約3〜4cm、白い花びらと中央の黄色いおしべはよく目立ち、この花を見かけると「いよいよ夏本番!」という感じがします。
 みなさんもこのきれいで夏らしいテリハボクの花を探してみてくださいね♪


DateYear
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: