タッチングプールとお魚とのぞき窓

 みなさんこんにちは


冬休みも完全に終わり、ホテルの客足は少し落ち着いてきました。



このタッチングプール浅瀬に入って遊ぶ子ども達もいないせいか
お魚達が浅瀬にやってきていました

   

ゆっくり泳ぐ大きなお魚や、岩のカゲからお顔を出して周りをながめているキレイなお魚など
いろんなお魚が遊んでいる姿を見るのははとても面白いです

 

そしてこの大きな水槽は丸いのぞき窓がついています
これに気づいていない人もときどきいます
是非のぞいてみてください
深〜い水槽で生活する海のお魚の姿を見ることができます。

今回はタッチングプールを紹介しましたが、次はリーフガーデンを紹介しようと思います。
それではまた次もヨロシクお願いします







ニュースレター19号発行

 OMRCでは3カ月に1度、ニュースレターハロードルフィンを発行しています。OMRCのイルカのこと、新しいプログラムのこと、スタッフのことなど楽しい情報が満載の冊子となっています!!そのハロードルフィンの最新号19号が1月25日に発行されました

 今回の表紙を飾るのは、(ブログを見てくださってる方ならおなじみかもですが)お正月バージョンに変身したニライくん!か〜わ〜い〜

 クリスマスやお正月に行われたイベント、もとぶ元気村で行われた限定プログラムなど内容も盛りだくさんですっ

 他にもあしびなぁのページに載っているOMRCキャラクターの間違い探し!作った本人は「そんなに難しくない」とは言っているものの、結構難しいらしい・・・・・・みなさんにはこの10個の間違いを見付けることができるかな??

 フィールドスタッフの宮下さんも熱心にニュースレターを読んでいます。間違い探しも「10個もな〜い」と言っていましたが、最終的には見付けたよう。よかったね。

 用紙も環境に配慮して、サトウキビの搾りかすから作られる「バカス」を使用しています


 みなさん、読みたくなってきましたか??

OMRCのニュースレターを読みたい方は、OMRCにメールで「ハロードルフィン希望」「氏名」「住所」「電話番号」を書いて送ってください。 ヤマトメール便にてお送りいたします。メールアドレスをコメント欄に書くと、「情報公開!!」になってしまい大変ですので、OMRCのホームページからメールを送信してくださいね。 http://www.omrc.jp/menu15.html

 次回発行は3月予定です。お楽しみに!!


移住者?

こんにちは、ドクターです。
皆様、毎日寒いですが、いかがお過ごしですか?
今年は沖縄もとっても寒いので暖房器具が売り切れ続出らしいです。
なんと、名護の方では霰が降ったそうですよ。
そのうち、沖縄でも雪が降るかも

先日、ティーラくんのお庭を潜水点検していたところ、
かわいらしい移住者をみつけました。

ティーラくんの下になにやら黒いものが写っています。
これを拡大すると……

真ん中にカクレクマノミが


なんと、イソギンチャクにしっかり守られてカクレクマノミのペアが生活してるんです。
お正月の潜水作業時にはいなかったはず……。
ということは、最近移住してきたに違いない

かわいいなあ
このままティーラくんのお友達として定住してくれるといいなあ。
そのためにも、この子たちをしっかり守るんだぞ、ティーラ

寒い潜水作業の中で、こんな小さな喜びを日々みつけて頑張っている
ドクターなのでした。

みなさまも体に気をつけて、日々楽しんで、この寒い冬を乗り越えて下さいね。

元気の源

 みなさんこんにちは。

雨にも負けず、風にも負けず、猛暑にも負けず、大寒にも負けず・・・

吹きっさらしの外でも、毎日元気いっぱいのトレーナーチームです!

しかし、“肉体労働”とも考えられるこのお仕事は結構な体力を使います。

仕事が終わる頃にはエネルギー不足で、いつもの元気が無くなる時も・・・

でも大丈夫!

そんな私達には「元気の源」があるのです☆

それは何かというと・・・?

スタッフの差し入れや、リピーターのお客様などから時々頂く “美味しいもの”

   
ふわふわ甘〜い   しっとりずっしり  ちょっと渋めに    歯ごたえ最高


これらが、私達のエネルギーを即効充電してくれるんです!!!

事務所の机に突然現れるこのご褒美は、私達みんなの癒し☆で、

「カサカサッ」っと封を開ける音にまで敏感なスタッフもいるほど(笑)

全スタッフの中でも飛びぬけて食いしん坊なのがトレーナー達で、

一瞬にして食べつくすその姿はまるで“ピラニア”です

エネルギーが満たされたら、またその元気を明日へとつなげて頑張れます


私達スタッフが元気いっぱいでいられるのも、私達を支えてくれる皆様のおかげです。

いつも ありがとうございます!

この場を借りて 厚く感謝申し上げます

天気いい日

 今日は午前中は曇り、午後から雨予報だったのですが、朝から暖かく、1日快晴でした
こんなに天気がいい日は久々だ〜嬉しいですね。スタッフもルンルンですっ

 喜んでいるのは、スタッフだけではありません。
 

 ケヅメリクガメたちも嬉しいそう!!最近は小屋のヒーターに集まってじっとしていることが多かったのですが、今日はみんな小屋の外に出て歩き回っています

 ご飯も「いつもの倍の量を食べたんだよ」と、さっきカメ担当の森口トレーナーが教えてくれました!!




 ミルキーも今日は夕方まで、外の木の上で雄たけびをあげていました(笑)。薄いピンク色が青い空によく合いますね


 羽を広げて日光浴をしてみたり、クルクル回って運動してみたり、今日はとっても活発なミルキーでした!!








 こちらは、お昼寝を楽しむニライくんプカーっと浮かんで、気持ちよさそう・・・・・・でもあまり長い間同じ体勢だと、おでこ日焼けしちゃうぞ(笑)!!気を付けてね。


 ニライくんの後ろで、もくもくと作業する所長の姿が(かなり小さいですが)。1日中、生簀の上でイルカの新しいお部屋作り!お疲れ様でした
 
 

ニライくん、たまには所長のところにも行って手伝ってあげてね

明日も雨予報ではありますが・・・・・・晴れるといいなぁ

 以上!今日の晴れ日記でした。


お客様からの素敵なプレゼント

 こんにちは、ドクターです。

今日はとっても感動的な出来事を紹介したいと思います。



力作を手に、素敵なポーズをとってくれたお姉ちゃんと弟くん。
よく見てみると、イルカの上に“ティーラ”と書かれています。

なんとミルキーアート工房『森の水族館』でティーラくんを描いてくれたんです
とってもかわいく描いてくれてます。

実は先日参加していただいた『イルカの玉手箱』でティーラくんに出会って、
ティーラくんを大好きになってくれたそう。
それで、イルカのぬいぐるみにもティーラと名前を付けてかわいがってくれているんだそうです。

そして大好きなティーラくんの作品を作ってくれて、
その時ティーラを担当した私にわざわざ見せに来てくれたんです

いやあ、めちゃくちゃうれしい
こんな時、本当にこの仕事をやってて良かったなあと、しみじみ思います。

お姉ちゃんたちの素敵なプレゼントにいっぱい元気をもらいました。
これからもティーラとともに、みなさまに良いプログラムを届けられるよう頑張ります
本当に本当に、どうもありがとう

冬の悩み事

 冬です。

冬と言えば、北風です。

北風といえば、ピューピューです。

毎年冬になると、この北風ピューピューに大いに悩まされます。

いえ、寒いだけじゃなく、

・・・他に?

実は、

この強い北風に乗って、大量の漂着物がたどり着くのです。

そう、「ゴミ」です。

毎日がゴミとの戦いですが、あまりの量にトラックが出動することもしばしば・・・。

このゴミ、時期や風向きによって種類も異なってきます。

冬前半はほとんどが海草(アマモ類)ですが、

冬後半になると、人工物ゴミが目立ちます。

  
海草、プラスチック類、袋など   最近多い! ビン類       ロープ類


よくよ〜く見てみると・・・・


   
  遠くから遥々・・・    モジャモジャビン!酒瓶??  ゴミ塊から登場!のカニ 

「(どこから流れてきたのかなぁ?)」

「(どんな人が最後に使っていたのかなぁ?)」 

「(おっ!このビンよく見るとおしゃれ〜☆磨いて使えるカモ!)」

などなど

漂着したゴミに、多少の愛着がわくことも!?

タメダメ! 

「(物は捨てるとゴミになってしまうから・・・)」

「(・・・・・)」

「(!!!)」

「(物は大切に、末長〜く使おう!)」

「(そうすることで、世界中のゴミが少〜〜し減り、

ゴミが減るとゴミ拾いも減るわけで・・・

極寒強風の中、ひたすら拾い続ける状況も減り・・・

みんなが悩まされることも減り・・・

ゴミ袋、トラックの燃料、労働力の節約に繋がり、

みんながハッピーになれる☆☆☆)」

「(万歳〜!!!)」


・・・あれ?

私は何を悩んでいたのでしょうか???


悩みごとを忘れて春を待ち望む、

とあるスタッフでした。


おしまい☆


でっかいマイマイ

 ある雨の日、楽しく鼻歌を歌いながら歩いていると・・・・・・道端に大きな貝が

近付いてみると、実はカタツムリでしたでも大きい〜
 この大きなカタツムリはアフリカマイマイと言います。もともとは東アフリカ原産(と言われているらしい)でしたが、人為的に持ち込まれ(養殖動物として)、それが野生化してしまったと考えられています。暖かいところに生息するので、日本だと鹿児島より南で見ることができます。雨の日やじめっとしている日は時々見たりします。

 
 このアフリカマイマイ、陸上で暮らす貝の仲間の中で世界最大なんです!!!すごいでしょ?普通のカタツムリの貝の形とはちょっと違うので、見たらすぐわかると思います。
 



この大きさをブログを見てくれた人に伝えたい。でもものさし持ってない・・・・・・あ、これはどうかな?


 

のどあめを隣に置いてみました
 のどあめの何倍もあるのが一目でわかると思います。普通のカタツムリはのどあめより小さいと思いますので・・・・・・大きいことが伝われば、私は満足です。


 



 ちなみにこのアフリカマイマイ、動物(人も)にとってとても危険な寄生虫や病気も持っていることもあるので、見付けても絶対に触ってはいけません  通った道も触らない方がいいと言われるくらいなので、超危険生物ですひょえ〜(のどあめはこれから進む先に置いたので、大丈夫です)

 この大きさ、この形、よ〜く覚えておいてくださいね


1月1日の花火

 遅くなりましたが、1月1日の夜にルネッサンス リゾート オキナワで打ち上げられた花火のきれいな写真をお届けします花火を見れた方はそれを思い出しながら、また残念ながら見ることができなかった方はこの写真から打ち上げられた花火の迫力が伝わればと思います

















 12月31日から1日にかけて打ち上げられる予定でしたが、悪天候のため中止となり、1日の夜に打ち上げられました打ち上げられた花火の発数は1年365日にちなんで、365発だったそう真っ暗な夜に大きな花火がたくさん上がり、うっとりでした



 ちなみに、、、花火が上がる時はイルカたちが大きな音や光に驚いていないかスタッフ3名ほど出勤してイルカの様子を観察しています。毎年、我らが所長とトレーナー2名で花火&イルカ観察しながらイルカの生け簀で年を越すのですが、大荒れでカウントダウンの花火が中止となり所長は16年間(OMRCができて16年なので)で初めて家で年越ししたそうです。よかったね、所長。

 所長以外には米川トレーナーと森口トレーナーがイルカを観察。花火初めてのティカちゃんも(ティカちゃんは去年来たので)始めは「何?何?」とやや落ち着かない様子だったようですが、すぐ慣れ、どのイルカたちも落ち着いて過ごしていました。逆に落ち着かなかったのは米川トレーナーと森口トレーナーで、騒ぐ2人を所長は暖かく見守っていました(笑)。

 今年も、華やかに楽しく(騒ぎすぎないように・・・・・・)1年を過ごしたいですね


小さな幸せ☆

 あけましておめでとうございます
みなさん楽しい、お正月を過ごしましたか?!
美味しいお節料理を食べたり、お餅を食べたり。。沖縄でも、色んな場所でお餅つきがあったり、
凧が上がっていました!強風だったけど。。。
そんなお正月も終わってしまったので、また気を引き締めて2011年も頑張っていこうと思います

そして今日ブログでご紹介するのは「星の砂」です!!
以前もブログに載せましたが今回は違う内容を載せたいと思います
お土産屋さんに行くと小さな小瓶に入って売られている星の砂。実はゆうこう虫と言う生物の殻
だった!という事皆さん知っていましたか??

ゆうこう虫とは、石灰質の殻と網状仮足(繊毛)を使って移動するアメーバ様原生生物。
500年〜160万年前から生息していたと言われています。
1mm以下の大きさで大きい物だと5cm、化石で最大19cmの物が見付かっているそうです
生きてる種類と化石を合わせて25万種類!!すっ。。凄いですよね!!
なんと幼少期から殻に突起を持ち、それを維持して成長を続けます
体の中で小さな部屋を幾つも作った後、突起部を含む殻の全面を覆うようにドーム状の室が形成され、
体全体が星型や丸く突起物がある状態になります
温暖海域に多く見られ1番多く見られるのは、沖縄海域なのだそうです!!ヤッター
生きている時はサンゴ礁に付いて生活していますが、何と死んでからもサンゴ礁を守ってくれています!
死んだ、ゆうこう虫は殻だけになり海の中に、どんどん積ります。殻には多くの石灰が含まれ、この殻が沢山集まると石灰岩を形成します。そうすると。。
サンゴ礁における炭酸カルシウムの沈殿が石灰岩があることにより、くいとめられるんです
生物は本当に助け合いながら生きているんですね

中には殻がビーチに流れ着くものもあります!!星型をしていたり、太陽の様に丸く周りに突起が
あったり。。私達が探す星の砂には、こんな役割があったんですね!
今度、星の砂を見付けたらサンゴを守ってくれているので「ありがとう」を言いたいと思います!!
小さくて見付けるのが大変ですが、ビーチに行った時は、皆さんも探してみて下さいね

 可愛い星の砂が見付るかもしれませんよ〜



DateYear
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: