紅型の型彫り

 フォールドスタッフのさきちゃんが、カウンター横で何やら作業中。覗いてみると・・・

 紅型体験で使用する型を作っているところでした。紅型体験とは、OMRCで行っているミルキーアート工房の1つで、沖縄の伝統的な染物体験です。紅型は『べにかた』ではなく『びんがた』と読みます。『』には色とりどりと言う意味が、『』には模様と言う意味があります。たくさんの色を使って華やかな作品ができます。
 さて、この紅型体験、使用している型はすべてスタッフの手作りです。壁掛けタイプとコースタータイプとサイズは2種類あり、型の種類は15種類以上あります。型の中には季節限定で出している方もあります。春バージョン正月バージョン冬バージョンなどです。今さきちゃんが彫っている型はクリスマスバージョンの型です。12月から登場する予定です。新作ではないのですが、以前の型が劣化してしまったので、同じデザインで作り直しています。

 この型彫りの作業、カッターを使って彫ってくのですが、細かい作業でなかなか大変!!集中力も必要です。さきちゃんは取材中ももくもくと型を彫り続けていました、さっすが〜!!

 せっかくなので、彫り終わった型をちょっとだけ拝見!!
 かわいいでしょ?クジラサンタがお魚にクリスマスプレゼントを渡している様子です。

 他にもクリスマスバージョンの型はいくつかあるので、そちらは参加してみてのお楽しみ!!紅型以外にも他のミルキーアート工房やイルカのプログラムでもクリスマス限定でやっているものがあるので、ぜひみなさん遊びにきてくださいね♪

 

珍しい訪問者

 今日も1日暑かった〜!最近曇りの日が多く、からっと晴れない日が続いていました。しかし今日は見事な晴れっぷり海の向こうには入道雲がもくもくでしたが、雨は降りませんでしたよ。

 今日は事務所に珍しい訪問者が。これはトンボです(見たらわかりますね)。サイズが小さく、3cmくらいですかね。ぱっと見「子供のトンボだぁ」と言ってしまいましたが、考え直すと、トンボの子供はヤゴなので、小さくても大人(成虫)なんですねこのトンボ、イトトンボの仲間で、多分コフキヒメイトトンボという種類(図鑑で調べましたが、OMRCにはトンボマニアがいないので・・・多分。誰か写真を見てわかる方がいればぜひ教えてください)。イトトンボの名前の通り、糸のようなほそ〜い体をしています。でも色はとってもきれいで、黒っぽいところとエメラルドグリーンに光るとことがあります

 トンボの仲間は沖縄に約75種類2〜3cmのイトトンボから10cm以上にもなるオニヤンマまでサイズはさまざまです。生息地も種類により分かれていますが、海岸からやんばる(北部の自然が残っている場所)の奥地までほとんどの場所で見る事ができます。沖縄では海岸やさとうきび畑でトンボが大発生したら台風がくるなどと言われるくらい沖縄では身近な昆虫のようです。

 さて、今日事務所に遊びに来た可愛いトンボちゃんカウンターの入り口から入ってきて、知らない間に奥の奥にある事務所に迷い込んだようです。しばらく事務所を飛び回っていましたが、壁にくっついたところをキャッチ!!
 そのまま外まで連れていきました。葉っぱにくっつけてあげるとしばらくじっとしていましたが、ここがっどこか分かったのか、元気よく飛び立っていきました。よかった、よかった。ばいば〜い

 ドルフィンラグーンカウンターは時々蝶などの生き物たちが遊びにきますが(しばらく飛び回って満足したら帰っていきます)、事務所までやってくるのは珍しい。
 
 また遊びにきてね


OMRCこどもエコクラブ9月号


 さて!またまたエコクラブ9月の活動の報告です

今月は26日、倉敷ダムに行ってきました
テーマは「水のすみかをつきとめろ!」です☆

ダムを中心に、
水が流れる仕組みや
水と人との関わり
水と生き物との関わり
についてみんなと学びながら活動を行いました

半年間、主に自然の 「山」 「川」 「海」 のつながりについて
学んできたので今月でまとめのお話をしました

水は雨が降ることから始まり、海に到着しても
また蒸発して雨になる。。。
その繰り返しです
水が一か所にとどまることはないんですね〜

そしてダムはその水をためたり、洪水を防ぐ役割をしています☆
本当なら山がその役割をしているんですが
今ではダムが私たちの生活に欠かせないものとなっています

そのことを施設の中にある資料館やビデオで知った後
ダムの長さを体感してみよう!ということで
フィールドワークをしました

まずは自分の30歩の長さを3回測り平均を出します
その後本ダムと呼ばれる一番広いダムの横を
歩数を数えながら歩き。。。
歩数を長さに直して本ダムの長さの予測を立てました
実際の本ダムの長さを知るまで苦労しましたが
みんな楽しそうでした



汗びっしょりのところで川の浅瀬でリフレッシュ出来たようで
最後は展望台からの景色も眺めました

展望台からの景色で改めて
「山」 「川」 「海」のつながりを実感できたと思います

水は限りある資源です
大切に使わないといつかなくなってしまいます
そのことが伝わっていますように

余談

 全くの余談ですが…

ルネッサンスのレストラン「
フォーシズン」でも、ブログがあります。 記事の内容は、とっても面白い(負けないようにしないと…)ですが、担当者が支配人自らでしたので、とっても更新が少なかったです。

 で、 美しく優しいMs.●●●●さんが( ←世渡り上手な言葉でしょ。 )

   「更新が少なすぎる!!」  

 と、クレームだしたので、  担当者が交代になりました。  で、 「二人の…」という記事からは新しい担当者が書いているんですが…

 ちょっと、乱れ過ぎかな? Ms.●●●●さんが脅し過ぎるから…、震えながらパソコン打ってましたよ。 もっとリラックスしないと。  …むりだろうなぁ。

 もう少しすると、上手になると思いますので、 皆さんも、どうぞ、フォーシーズンのブログ見に行ってください。

 もちろん、OMRCの後で、時間が開いた時でいいですからね。

さあ、フォーシーズンの宣伝したから、支配人にケーキのおねだりしに行こ。 

 所長〜、 なんで珍しくブログ書いていると思ったら、それが狙いですか? (スタッフ りんちゃん) 

じゃー、ケーキもらってもいらないの?

 もちろん、いります。 ケーキの差し入れ待ってますー。  




個性いろいろ

 今日も1日暑かった〜〜9月も後半なのに毎日暑い日が続いています
こんな日を毎日乗り切る必須アイテムがコレですっ!!
それは、お水を入れる水筒

水分補給は大切ですこまめにしないと熱中症になってしまいますからね。トレーナーたちもフィールドのスタッフたちも事務所(ドルフィンラグーンカウンターの奥にあります)に立ち寄った時は必ず水を飲んでいます。

そんな事務所の冷蔵庫には個性あふれる水筒がいっぱい水色、緑、赤、ピンクと色もさまざまで、大きさや形も違いますね、まるで、水筒屋さんのようです

「お客さん、お水1ついかが〜?」

 ほとんどが1人1本ですが、たくさん飲む人は2本持ってきたりもします。OMRCにはかなりのタンブラー好きもいて、米川トレーナーが持っているタンブラーの数はなんと7つ以上いまだに増え続けています・・・。今度よねちゃんから写真付きで紹介してもらいましょう♪その日の気分でタンブラーが変えられるなんて、おしゃれですね私たちも「今日どんなタンブラーかな?」と毎日楽しみにしていますよ

この水筒たちが、スタッフの元気と健康を支えていたんですね、水筒さんありがとう!!


フリッパーズ ルーム

 
フリパーズルームの申し込みはココをクリック
                                                                    ルネッサンス リゾート オキナワでは、フリッパーズ コネクティング ルームという、イルカチックなお部屋があります。

 すっごーいでしょ。

 
壁には、OMRCキャラクターが一杯です。

 きじむなー君もいれば、ジンベイ君も…。

 フリッパーズ ルームのキャラクターたちは、OMRCキャラクターが中心になっているんですよ。

                                                  

このジンベイ君、
 「スタッフ りんちゃん」がデザインしました。

「こんなに大きくなってる〜。すっごーい」(スタッフ りんちゃん)


もちろん、キャラクターが育って大きくなっている分けではありません。
念のため…



フリパーズルームは、4種類もありまーす。 一回の宿泊では、全部を見ることはできません〜。
 このお部屋って所長が作ったんですか?

 「そんな分けないでしょう。こんなん作れるんだったら、もっと優雅な生活してるわい」(所長) 

 さすがに無理ですか。

 OMRCで使われるキャラクターの多くは、最初は、ルネッサンスの広報の方に作ってもらっていました。

…が、スタッフ りんちゃんが、所長がパソコンにいれたイラストレーターというお絵かきソフトを覚えたので、

今では、
りんちゃんがOMRC専属キャラクターデザイナーになってます。

「こら、イラストレーターをお絵かきソフトっていうなぁ〜。 いくらすると思ってんだ。 」(所長)

だって、お絵かきする以外に何に使うんです?


    
 このお部屋は、マリンスポーツがテーマかな。
 
 男の子向けかな?
私は好みじゃないなぁ。


「こらこら、好き勝手いうな。ルネッサンスから怒られるだろ」(所長)


 
 ん? よく見ると床のジュウタンも波模様だ〜
 



お風呂場はジャグジーになってます。

 もちろんモザイクタイルでイルカたちもいます。

 しかも、これOMRCのイルカだぁ。











 洗面台もすてきでしょ?

このお部屋、ほとんど特注品ばかりらしいですよ。







暗くすると、お部屋が満天の星空。

 このお部屋泊りたーい!

ルネッサンスさん、泊めてくださいよ〜。(スタッフ一同)







フリッパーズルームのお部屋の事を書いたら、ルネッサンスの問い合わせがたいへん多くなったらしい

 このブログってすごいですね。 
…で、ルネッサンスの美しい広報担当のMs.…… に「ブログにリンク貼って、ホームページで予約できる事を説明して」って、怒られました。

 という事で、 もしフリッパーズルームにご興味のある方は、ココをクリックしてね。 



 「ねぇ、ねぇ。 広報の美しい… って誰?  誰か新しい人入ったの? 見にっていい?」(所長)

所長、少しは世渡りってことを覚えないといけませんよ、ね。 

 

もうすぐ発行♪

 10月発行予定のOMRCニュースレターハロードルフィン!の編集にスタッフは追われています
 ニュースレターは3カ月に1回発行されていてイルカのことや最新のOMRCニュースが記載されています。担当者は5名!締切が近付くと事務所のパソコンは連日満席状態!!今回も第1回締め切りが15日と迫っているので、大忙しです(雑誌の編集部みたいですね)。
 写真は、いっぺーちらーさん(2〜3ページ)を担当している井上トレーナー。今回は、イルカの郵便屋さんやブログ始めました、ケヅメリクガメの小屋完成などのネタを載せる予定とのこと。

井上:ここで公表していいんですか?
りんちゃん:いいんじゃない?大丈夫♪
井上:かるっ!!(笑)

 一通り文ができたら、そこからは上司の赤ペン先生です。「日本語違う」「この表現変えた方がいい」など厳しいチェックがビシバシッ入ります。何度も何度も何度も・・・やり直して9月末にはだいたい完成します。
 

 
 内容や写真撮影、デザインやイラストまですべてスタッフが行っているんですよ〜、すごいでしょ?しかし何度もチェックしているのに時々間違いがあります・・・「なんでここが?」と思う簡単な間違いなのですが、なぜかスルーされているんですね・・・
 今後も楽しいニュースレターが発行できるようスタッフ一同心をこめて創っていきたいと思います。みなさんも、も〜し間違いを見つけた時は知らないふり・・・・・・ではなく、温かい目で見守ってあげてください。

 来月25日発行予定!ハロードルフィンvol.18、お楽しみに!!!


OMRCこどもエコクラブ8月号


 OMRCでは、イルカとのふれあいプログラムや自然体験活動のほかに、1999年から県内のこどもたちを対象に「OMRCこどもエコクラブ」を設立し、環境教育活動を行っています
 環境省の薦める“こどもエコクラブ”にも登録しており、今年で12年目となる、沖縄本島で最も長く活動をしている“こどもエコクラブ”です。

 毎年、月1回の自然体験活動を行っており、今年度も
『とけこむ』〜身近にある文化・自然に全身で溶け込もう!
というテーマのもと、4月から活動が始まりました。

 今回は先日8日に今月の活動が行われたので、その模様をお伝えしま〜す

 8月のOMRCこどもエコクラブの活動は、恩納村の真栄田岬にてリーフウォークを行いました。『リーフウォーク』という言葉は一般的には使われない言葉ですが、みなさん何のことかご存知でしょうか言葉を置き換えると『サンゴ礁歩き』という感じでしょうかあまりイメージがわかない方も多いかもしれませんが、沖縄にはたくさんのサンゴ礁広がっています。そのサンゴ礁も普段は泳いで見るような深さの場所にいるのですが、時期時間帯によって潮の満ち引きがあるので、潮の引く時間を見計らって行けば歩いて生き物たちを探すことができるんです

 今回はその潮の引いたサンゴ礁の上を歩きながら、いろんな生き物を発見しました


 あいにくの天気でしたが、こどもたちは雨にも負けずとっても元気
バケツや網をフルに活用させて生き物探しに夢中でした









 こちらはニセクロナマコナマコと聞くとちょっと敬遠しがちですが、ここでもこどもたちは自らすすんで生き物たちとの触れ合いを楽しんでいました













 そして真栄田岬はなんといっても近くの岩場の地形がとっても素敵です洞窟もあって、その中は小さな避暑地になっていました










 約1時間半広ーい広ーい海を歩いてみて、サンゴ礁の周りに生活する生き物の種類の多さに改めて気付かされた一日でした


コメント募集中!!

 OMRCでは先日からブログを更新中ですが、みなさんコメント大募集なので、ぜひたくさん送ってください。

 どうして改めてこんなことを書くのかというと、本日お客様に「ブログ見てますよ」と嬉しいお言葉をいただきました。しかし「コメント書いていいんでしょうか?ホテルのブログなので、書いてもいいのかわかりません」というお言葉も。
 もちろんコメント大歓迎です
 今までも何件かあたたかいコメントをいただいています。スタッフ全員が(イルカたちも)そのコメントに癒され、仕事に励んでいるので今後ともよろしくお願いします

ハロードルフィン17号発行!!

 OMRCのニュースレターハロードルフィン17号が発行されました!

 このハロードルフィンは3カ月に1回発行しているもので、掲載内容や文、写真、イラストまでデータ作りはすべてスタッフが行っているオリジナルのニュースレターです。内容はさまざまで、OMRCのイルカたちの紹介トレーニングの様子最近のニューススタッフ紹介などなど盛りだくさん

 スタッフ手作りですので時々誤字脱字がありますが(チェックはかなりしているのですが・・・)、そのあたりは温かい目で見守っていただけると助かります


今回の17号では、メキシコにあるイルカとアシカのふれあい施設ドルフィンアドベンチャーに研修に行ったOMRCスタッフのおもしろ体験談や発売中のオリジナル絵本「虹色ヤドカリ」について、またイルカの健康診断についてなどを紹介しています。表紙はもとぶ元気村のベテランイルカスピットちゃんです!

 

またペーパークラフトでクマノミを作る付録もついています。お子様でも簡単に可愛いクマノミを作ることができますよぜひ、自分だけのオリジナルのクマノミを作ってみてください


次回発行は10月末を予定しています。
お楽しみに



DateYear
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: