最高の食材

みなさんこんにちはぁ
金曜日です、荒岡です。
最近はW杯バレーボールに夢中です。
バレーがしたくてたまらない

さてそんな話は置いといて、
なんと今回はワールドクラスの食材を手に入れることができました。
それがこちら

P9090111.JPG

ジャーン!!伊勢海老です
本物かどうかはちょっと怪しいですが
何人かの人に聞いてみたところ、伊勢海老で間違いないだろうとのことです。

※もし違った場合はコメント下さい。

さてこんなに素晴らしい食材を手に入れたのでどうやって食べようか迷いますね
刺身?茹でる?味噌汁に入れてもいいなぁ
あぁ〜考えただけでお腹が空いてキタァー
みなさんはどんな食べ方がオススメですか

さて調理でもしようか……と思ったのですが

P9090112.JPG

こんなに小さかったです
ブログでおなじみのヤンバル手長男こと吉岡くんと比較すると、大変小さいのがわかります。
(以前ゲストの方に「ヤンバル手長男さんですか」と話かけられてとても嬉しかったそうです)
さすがにこのサイズは食べてもなぁと思い

P9090113.JPG

海に放しました
エイたちを飼育している場所に放したので、大きくなったらまた捕まえて食べたいと思います。
もし『フィッシュアドベンチャー』というエイと一緒にシュノーケリングをするプログラムに参加して
大きくなった伊勢海老を見つけた場合は、私に教えてください
その前にエイに食べられないことを祈っています。

はぁ〜伊勢海老が食べたぃ〜

また来週

誰のごはん??

こんにちは

野球のマンガを読んだ後、どうしようもなく野球がしたくてたまらない
木曜日担当の吉岡です!!

みなさんもスポーツが無性にやりたくなる時があると思います!!
僕は今がまさにその時なので、今度の休みの日に後輩を誘って
キャッチボールをしに行こうかなと思ってます

さて、今週は鈴木さんが飼育している生き物のエサを捕っていたのでその様子を紹介します!

網をかまえて、やる気満々です!良い表情ですね
この網を使って何をするのかというと……

海の中をじーっと見ています。
そして何かを見つけたのか..

勢いよく網を海の中へ

何がいたのでしょうか?見せてもらいましょう♪
バケツの中を見てみると……

「何もないやん!」と思った方!

よーーく見て下さい!!小魚が入ってますよ!その数なんと一匹!笑
これでは少ないので満を持して僕も出陣です
なんとその結果……一匹も捕れませんでした
小魚の動きがかなり早く、無念のゼロ匹です。。。
捕れなかったものは仕方ありません!気を取り直してこの一匹をあげに行きましょう!!

一体だれのエサなのかというと...

新しく水槽に仲間入りしたハナミノカサゴです!
まだ水槽に入ったばかりで、慣れない環境の性かなかなかご飯を食べてくれません。
本来ハナミノカサゴは小魚を追い込みながら食べる生き物なので
生きた小魚をあげようと思い二人で捕まえていたんです
ただ、この小魚も毎日必ず捕まえられるわけではありません。
なので、切り身やペレットに慣れてもらえるように色々試行錯誤しながら
ご飯をあげていこうと思います!

それでは今週はこのへんで!!
さようならー☆彡


かくれ上手!!Part2

こんにちは
最近貯金をしようと思っているのですが、外食をしたり、ついついお菓子を買ったりと

なかなかうまくいかなくて悩んでいる木曜日担当の吉岡です!!
今回は木曜日ではなく日曜日を担当します!間違っての登場ではありませんのでご安心を


さて今回も前回と同じように海に隠れているお魚をみつける

お魚どこに隠れているでしょう?」クイズを開催します
前回より少し難しくなっているのでがんばって探してくださいね!!
では問題です!ババン!!



どうですか??この写真のどこかにお魚が隠れていますよ
ヒントはありません!頑張って見つけてみて下さい!!
「お魚は隠れていない」なんてイジワルはしませんので、よーーーく探して下さいね!
ではそろそろ正解の発表といきましょう!!
正解は……



ここでしたー
何が隠れているのかわかりますか?見えずらいので近づいてみましょう!!



ここにはなんとフグが隠れています
これは「クサフグ」という種類です!

このように砂に潜るように隠れるので別名「スナフグ」とも呼ばれています!


このクサフグは沖縄の海でも釣れるみたいですが、他のフグと同じように内臓に毒を持っています。

食べてみたいところですが、フグを調理するには免許が必要です!

もし釣れた場合は自分では調理しないようにしてくださいね!

このように海には砂の中に隠れるお魚もいて、よーく探すと色んなお魚が隠れているかもしれません。

海で泳ぐ時にはぜひ探してみてください!

それでは今週はこのへんで!!
さようなら〜☆彡














垂れた口

 みなさんこんにちは!!
土曜日担当のワッキーです。

とうとう九月に入り、学生の皆さんは新しい学期に入りましたね。
学生生活のちょうど真ん中の時期……気を引き締めて学生生活頑張ってくださいね。

さて今回紹介するのは、お魚です。
どんなお魚かと言いますと、垂れた口が特徴の……

名前をタレクチベラと言います
(沖縄の方言でナンドゥラーともいいます。)
そのままの名前じゃないか!と思う方が多いと思いますが、
生き物は見た目で名前が決まることが多いです

このタレクチベラの顔はこの様になってます

どうですかみなさん?
口が垂れていませんか?この見た目からタレクチベラという名前がつきました


写真のように唇が分厚く、背ビレ・尾ビレ・尻ビレが黒色をしているのが特徴です。


(タレクチベラ3cm程)
幼魚の頃は緑色で、白と深緑色の横縞があり、成長するにつれ
どんどん色が変わってきます。


(タレクチベラ5〜10cm程)
幼魚から少し成長すると、白・黒・黄色の3色が鮮やかに出て来て、
成魚になると白と黒のみ、そして老魚は白と薄緑色になります

この様に成長するにつれどんどん色が変わっていきます。
小さい時は敵から身を守るために目立たない色。
大きくなると自分で身が守れるようになるのでこの様な変化があるんです!!

ご飯は砂の中にいる底性生き物。
砂ごと口の中に入れて、口やエラから砂だけを出しています。
よくエイのお部屋でシュノーケリングをすると、見かけることができるお魚です。
ご飯を食べている姿も見ることができるので是非フィッシュアドベンチャーにご参加して頂き、
探してみて下さいね。

ではこの辺で

かくれんぼ

皆さんこんにちは〜!
台風が去り、一安心のわっきーです
今回は勢力は強かったものの、山側からの風だったので、施設や動物たちに影響はありませんでした。
所長が出張でいなかったものの、台風対策もバッチリでしたね!
しかしまだまだ台風ができやすい時期なので、安心は出来ませんね。

さぁーて!今回紹介するのは、貝殻をお家としているある生き物です

貝殻をお家といえば〜


そうです、ヤドカリです!

ヤドカリには陸で生活する種類と、水の中で生活する種類がいます!



陸で暮らしているヤドカリで有名なのが、ヤシガニ!


実はヤシガニはヤドカリの仲間ですが、貝殻を持たないんです。
さすがにあんなに大きいヤドカリが入れる貝殻は見当たらない……。
ただ、ヤシガニは大きなハサミを持って身を守っています

他のヤドカリもハサミを持っていて、ご飯を食べる時によく使います。
しかーし!それだけではないんです!
何に使っているかといいますと……実はメジャーとして使ってます

ヤドカリは体が大きくなるにつれ、お家の貝殻が狭くなります。

そこで、大きな貝殻に引っ越しをします。
ただ、見た目だけだと貝殻の大きさがわかりません。そこでハサミの登場ー!
ハサミを貝殻に当てて、自分の体が入るかどうかを調べます。

ただ単に大きい貝殻を選ぶだけではありません

ヤドカリが身を守る時に、貝殻に引っ込むことはみなさん知っていると思いますが、

実は引っ込んでいるだけではないんです!
引っ込むのと同時にハサミを貝殻の入り口に当てて蓋をすることで、

外敵が進入しないようにしているのです。

そのために左側のハサミのみ大きいんです



しかし、これはヤドカリ科が左側というだけであって、ホンヤドカリ科は右側が大きいんです

ヤドカリを見つけた時は左右のハサミの大きさを比べると、名前を調べるのが簡単になります。

浅瀬から深海数百mまで生息しているので、見つけた際には是非名前を調べてみてくださいね。

もしかすると新種のヤドカリが見つかるかも……

ではこれにて!


かくれ上手!!

 こんにちは

大好きな高校野球が終わると夏が終わったような気になってしまい、
少し寂しくなっている木曜日担当の吉岡です!!

今年も熱い夏をありがとう!!球児たち
みなさん知っての通り(?)僕は高校野球が大好きなので、

野球好きな人はぜひ声をかけてください!!
熱く語り合いましょう

さて今回はいきなりですが「お魚どこに隠れているでしょう?クイズ」を開催します
海には隠れるのがとても上手なお魚がたくさんいます!
これから写真を見せますのでどこにお魚が隠れているか探してください!!

では問題

さてさて、どこにお魚が隠れているでしょう?

見つけれましたか?よーく見てくださいよ
では正解を発表します!自力で見つけたい人はこの先は見ないように!

正解は……



ここでしたー!ここに「タツノオトシゴ」が隠れてます!簡単だったかな?
分かりずらいかもしれないのでもっと近づいてみましょう!



体の色が後ろの網の色と同じで、体も細くて見事に網に擬態してますね!
これだけ近づいても全く動じないとは、
「自分はタツノオトシゴではなく、網です。」と言わんばかりの態度です

このように海には隠れるのが上手な生き物がたくさんいるので、
みなさんも泳いだ時にはよーく周りを探してくださいね


それでは今週はこのへんで!!
さようなら〜☆彡


平たい生き物

みなさんこんにちは!
土曜日担当のわっきーです。

先週のブログで日焼け成功と言いましたが、
あまり日に出さない部分なので皮がめくれてきて、とてもかゆい
ただ、保湿をするとこの皮剥けもひどくならないとこと
無理に皮を剥くとシミの原因なので、日焼けした際にはそのまま自然に剥けるまで我慢しましょう!

さて今回も日焼け中に見つけたある生き物を紹介したいと思います。
この生き物なかなか見つけにくい生き物で、
お客様に紹介する時はまずどこにいるのかを当ててもらったりします。

ブログなので簡単な写真で見つけてもらいましょう!
じゃん!!さーどこかな〜




正解は〜
ど真ん中にいましたって簡単すぎたかな?


この生き物はヒラムシと言って体がとても平たいのが特徴の生き物です。

海底の岩の上などを這う小動物です。
動くときは、腹面をウネウネと動かせながら活発に動きます。
動いているときには見つけやすい生き物ですが、止まっているとなかなか目がいかない・・・
ヒラムシも何種類かおり、一部のヒラムシは水中を泳ぐとのこと!


ただ、長時間は泳がないので泳いでる姿を見れた方はラッキーですね!

外見には頭や目がないですが、前方には感覚器が集中しており、背面には多数の眼点(光を感じるだけ)があるみたいです。そして、口は腹面の中央にあり、ここでご飯を食べています。
見かけによらずこのヒラムシは、獰猛なに肉食系が多く、体の薄さを利用して貝の隙間から入って中の身を食べているみたいです。


なかなか見ることもできない生き物ですが、今開催しているリーフトレッキングで高確率で見つけることもできるので、ホテルにお越しになった際には是非参加してみてくださいね。

ではまた来週!


アイドル?

みなさんこんにちはぁ 
金曜日の男、荒岡です。

今週は食レポはお休みです
じゃあ何を紹介するのかというと、
所長の知らないことを書こうと思います。

以前スタッフの間でこんな話をしていました。
A「所長って何でも知っているよなぁ」
皆「たしかにぃ」
A「知らないことってあるのかな?」
皆「ん〜〜〜・・・・・」
B「アイドルとか
皆「たしかにぃ」
と、こんな話で盛り上がっていました

ブログを読んでくれている方はご存知かと思いますが、
スタッフが書いたブログの補足をしたり、間違いを正したり、
動物のことはもちろんですが、海のことも知っている。
さらには船も運転出来れば直す事も。
なんと動物たちの飼育小屋も1人で作り上げてしまうスーパーマン!!
ものすごい知識人なんです

そんなわけで自称アイドルオタクの私が今回は、
所長の知らなそうな『アイドルネタ』を紹介してみようと思います!!

今回紹介するのは、日本各地にたくさんグループがある
あの「GNZ48」です
写真はコチラ



わかりますか?
もっと近づいてみましょう



そぉです、ゴンズイです!!
この子たちのすごいところは、一糸乱れぬ動き。それと、触るとものすごい刺激が
何でこんな一糸乱れぬ動きが出来るのかというと、
「集合フェロモン」というものを出しているんです

この姿が可愛いからといって、家の水槽で飼育をすると、集合せずにバラバラになってしまいます。
なぜかというと、フェロモンが水槽の水の中に充満してしまうからです。
海の場合、近くにいないとフェロモンが感じ取れないため集合するですが、
フェロモンが充満している水槽だとどこにいても感じ取れるためバラバラになってしまうんだそうです。
なので、新しい水に変えてまもない時間ではまたみんな集合します

と、やっぱり本当のアイドルは紹介出来ないので、また所長が知っていそうなネタでした
ちなみにゴンズイは毒を持っているので絶対に触らないで下さい

さて来週はナマコを食べようかな。

危ないダツ!!

こんにちは
最近あまり外に出ずに部屋に引きこもっていることが多く、
外に出たときにあまりの太陽のまぶしさに
目が数秒開かなくなってしまう木曜日担当の吉岡です!!
周りからはいつも開いているかわからないと言われている細い目が
さらに細くなってしまうのですが、こればっかりはどうしようもないですね

さて今日は僕が気持ちよく海の中で泳いでいたら、ある魚を見つけたので紹介します!
その魚とは……



みなさん見えますか??この魚はタイトル通り「ダツ」という魚です。
細長い体に尖った口が特徴の魚です!
このダツは光にとても敏感で、光っている方に尖った口で突進するという
なんとも恐ろしい習性があるのです

夜にライトをつけながら泳いでいてダツに刺されたという人がたくさんいます!
沖縄ではサメと同じくらい危ない生き物として知られています!
この細長い体であのしっかりした体のサメと並べるなんて
同じ体が細長い族の僕としては嬉しいかぎりです

この体が細長い族の期待の星、ダツに会えたのは嬉しいのですが……



見てくださいこの数さすがにこの数を見たときは体が震えました。

写真を撮るときもフラッシュをつけると、この数のダツが突進してくるので、
何回もカメラの確認をして、撮り終えたらすぐに逃げました!なかなかのスリルでした

みなさんもこのダツに会うことがあれば、どこからも光を出さないように気をつけてくださいね

それでは今週はこのへんで!!
さようなら〜☆彡





まんじゅう

みなさんこんにちは!
土曜日担当のワッキーです

先日のお休みの日に、ビーチへ出かけたのですが、
制服焼けで目立っていた二の腕の焼けていない部分を無くそうと
上半身裸でいたら綺麗に焼けました
ただ、焼き過ぎると火傷になるので要注意ですね

ビーチに行くと丁度潮が引いている時間だったので、
少し遠くまで歩くことができました
そしてサンゴやいろんな生き物が見ることができました。

これはソフトコーラル
普段皆さんが目にしたり、拾ったりするサンゴはハードコーラルと言います
ハードコーラルは石灰質の骨格を持っており、硬く石のようなのが特徴ですが、
ソフトコーラルは柔軟性のある体を持っているのが特徴で触ると柔らかいです。

サンゴでもいろんな形や硬さもあるので、よーく観察してみてくださいね

さて本題は、この生き物!!

スベスベマンジュウガニというカニです。
甲羅には目立った突起物はなく、全体的に滑らかで丸みを帯びているのが
名前の由来になっています。

千葉県から沖縄県までと幅広いところで生活をしているカニ。
浅瀬にいるカニの中でも、動きがゆっくりなので簡単に捕まえることができます
ただ、他のカニ同様にハサミを持っているので挟まれないように気をつけてくださいね。

そして実はこのカニ……

お茶が一杯欲しくなるようなおいしそうな名前がついていますが
命名者の罠ですよと言いたい……
捕まえても食べないでください!!!!

挟まれることよりも恐ろしいことが待っています
全身の殻・脚部の身にはテトロドトキシンという猛毒があります。
この名前何かで聞いたことがるなぁと頭をよぎった方!!
これはフグに含まれている毒と同じです

その他にも、数種の猛毒を含んでいるので食べると死に至ることもあります!!
餌から毒素を取り入れている可能性が高いので、食べない方が無難ですね
ただ、口にいれなければ害はありません。
手で触ったりしても問題ありません。

このように名前が可愛かったり、美味しそうな名前であっても
むやみに食べないことをおすすめします。
OMRC内の〇岡トレーナーはいろんな物を見つけては試食していますが、
彼はしっかりと下調べをしているので、何も言いません……
それよりも見た目が美味しくないものばかり食べている事の方が
私は気になりますよ

それではまた!


DateYear
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: