調餌場大戦争 その1

 今日は朝一番のトレーナーのお仕事イルカのご飯作りの紹介をしましょう!!
 こちらが、朝の様子。ドルフィンラグーンカウンター横の調餌場という部屋でご飯作りが行われます。冷凍の魚を解かして傷の有無をチェックし、重さをはかってイルカたちのお弁当箱に入れていきます。
 作業自体は簡単なのですが、なんてったってイルカが12頭いますからね。1頭のイルカが1日で食べるお魚が約10〜15kg(サンマだけで表すと約100本)で、それが12倍っ!!!なんと・・・120kg以上っっ(サンマだけなら、なんと1200本分)!!!!スタッフは1日に約6〜7名ですが、調餌場大戦争に参加するのは4人くらいなので(残りのスタッフはイルカのお部屋のチェックや他の作業をしています)、本当に戦争です!!早番スタッフが7時に来てから約1時間30分、猛スピードでイルカたちのご飯を準備します。
 
 今日も人が少ないらしく(いつも少ないのですが)、写真を撮りに行ったらあやうく手伝わされるところでした・・・・・・今度手伝いま〜す
 

 高橋トレーナーはシシャモのチェック中!以前ブログでイルカの食べているお魚についてのお話をしましたが、OMRCではオスのシシャモのみをあげているので、傷の有無とオスメスのチェックを行っています。これもチェックは簡単なのですが・・・・問題は量ですね。シシャモはい1日に約40kg解凍してイルカたちにあげています。シシャモはだいたい4尾で100gなので計算すると・・・・・・なんと400尾!!
 高橋トレーナー恐れ入りましたっ、すごすぎです






 しかしこれも可愛いイルカたちのためトレーナーたちは今日もイルカたちを思いながら大量のお魚と格闘をするのでした
 ぜひ毎日頑張るスタッフに「お疲れ様」と声をかけてあげてくださいね


エイ・サメたち

 OMRCではイルカ以外にもエイやサメの仲間を飼育しています。今日は少しだけ紹介しましょう。

 まずはウシバナトビエイです。背中は茶色、お腹は白色で、四角い形をしています。顔の形が前から見る牛の鼻に似ていることからこの名前がついたそうです。正面から見ると確かに面白い顔をしています(今日は正面からの写真がないですが、今度挑戦してみますね)。
 たくさんいるので、ぜひ皆さん数えてみてくださいね。
 

 続きまして、マダラトビエイです。ウシバナトビエイと同じく四角い形をしていますが、背中に白い斑点模様があります。このマダラトビエイは6月ごろOMRCにやってきたエイで最近やっと上手くご飯が食べれるようになりました最初はなかなか食べてくれなくて・・・担当の高橋くんが頭を抱えていました今ではご飯の時間になると1番に寄ってきます


 こちらは、トラフザメです。サメと言うと「怖い」イメージがありますが、世界のサメの仲間のうちほとんどはおとなしいサメばかりです。このトラフザメもおとなしいので安心してくださいトラフザメは夜行性の生き物ですが、OMRCでは昼間にご飯をあげていることもあって、なかなか寝ていません。でも、姿が見えなかったら海底で寝ているかもしれませんね朝は弱いらしく、朝のご飯の時間になかなか起きてこないこともしばしば・・・「やばいっ、ご飯の時間だったよ〜早く行かないと終わっちゃう」という感じで焦りながらこちらに向かって泳いで来る姿が可愛いです。

 今日は何とか間に合ったようです。よかったね今日は余田(よでんと読みます)さんがご飯をあげていました。

 OMRCではこのエイやサメたちにご飯をあげたり、一緒に泳いだりするプログラムを行っています。

 ぜひこのエイやサメたちとお友達になってみてくださいね!!
 

ニライくん

 台風はどこかに行ってしまったようですが、今日は雨が降ったり止んだり・・・でもイルカたちはとっても元気ですっ!!ここで、バンドウイルカのニライくんが名誉挽回ということで(最近脱走ネタばかりでしたからね)かっこいいジャ〜ンプ!!!

みなさん、今の迫力伝わりましたか?これからもかっこいいニライくんの応援よろしくお願いしますね♪

増えるイルカ

 イルカは大の遊び好き!自由時間の時も「遊んで、遊んで」と近くを通るトレーナーに集まってきます。いつもは忙しくなかなか遊べないトレーナーたちですが、今日は立ち止ってみました。

 ←   ←    ←
 まず、きてくれたのがバンドウイルカのカナリーちゃん。顔をあげて「おつかれっ!暇なの??遊んでよ」と言っているようです。「ここさわって〜」っとお腹を見せてくれました。なでなで・・・・







 →   →    →
 カナリーちゃんがどこかに行ってしまった後、すぐやってきたのがこの2頭。ピーチちゃんカノンちゃんです。「さわってよ〜」と頭や顔をこちらに向けてきます。両手でなでなで・・・






  ←    ←    ←
 いつの間にやら4頭に。カナリーちゃんココちゃん合流です。「さわって、さわって」「遊ぼうよ」「こっちさわって〜」とイルカたちはおねだりしますが・・・・なんと人の手は2本しかないんだぞっ!!4頭のイルカを一気にはさわれないので、順番です。なでなで・・・・






→    →     →
 そしてついにパルちゃん加わって5頭に!!ここまでくるともうぐちゃぐちゃです・・・わらわらしてますね(笑)なでている手もあっちにいったりこっちにいったりで、ちょっと疲れてきました。なでなでなでなで・・・

 今日の遊びはここまで!!
イルカたち、また遊ぼうね〜

台風9号様、沖縄近くに遊びにきてらっしゃいます

ついこの間、台風の話をしたばかりなのにもう次の台風がやってきました。今年は台風が多い年なのかな?今回の台風9号は本島通過はしないようですが、結構近くまではくるみたいです。しかし最接近が今日の夜というのと、サイズもそれほど大きくないため(成長中のようです)心配していません。おそらく大丈夫でしょう。所長も「大丈夫!!」って言ってたしね♪
 16:20からのイルカの玉手箱の様子。雨がパラついていたので、みなさんカッパを着ていますが、波も風も影響なさそうです。今日はすべてのドルフィンプログラムを通常通り行っています。



 これで、明日大荒れになっていたら大変ですね(笑)。そしたら全部所長のせいってことで・・・・お願いしま〜す!

  • posted by RENAISSANCE
  • 2010.09.04 Saturday 16:46
  • 風景
  • -

モモタマナ

 土曜日になりましたので、植物紹介をしましょう!今まで、きれいな花を咲かせる植物をたくさん紹介してきましたが、今日は実をつける旬な植物です。その名もモモタマナ、別名をコバテイシ。旬と言っても、人が食べられるほどの果肉はありません。しかし、このモモタマナの実はある動物が大好物なのですっ!!
 

 モモタマナは沖縄の植物では珍しく紅葉し、冬に落葉する木です。夏になると20cm以上もの大きな葉で、木の下に大きな影ができます。歩道沿いや公園、学校などによく植えられ、下にはゆっくり休めるベンチが置かれています。葉はちょうど今がピーク!!ホテルの中にもこのモモタマナでできた影がたくさんあります。







 8月の終わりから9月ごろはこのモモタマナの実がなる時期。それを求めて夜になると・・・・・・オリイオオコウモリたちが集まってきます。コウモリの写真は以前のブログに載っているので、まだの方はぜひ見てくださいね(上手く撮れてますからっ!って撮ったの私じゃないけど・・・)
 枝の先に実がたくさんついてるのわかりますか??こんな風にたくさんなります。

 夕方までたくさんなっていたこの実も朝になるとこうなっています。






 


 皮がむけていますね。これがコウモリがかじった跡です。朝はホテルのいたる所でこのかじられた実がゴロゴロ・・・掃除も大変です。

 昼には掃除も一通り終わり、ゴロゴロあるという感じではなくなるので、もし探すならお早めにっ!!


ニライくん、脱走しないでね

 
 夕方、イルカのお部屋に行くと何やら米川トレーナーが作業中(米川トレーナー久しぶりだぁ!)。
 

 ゲートを固定しているようです。以前ブログで紹介しましたが、イルカのお部屋はたくさんあってそれぞれの入り口にゲートと呼ばれる扉がついています。その扉を開け閉めしてイルカを他のお部屋に移動させます。夕方はこのゲートが何かあったときに(夜風がついたり大波がきて外れたりしないように)開かないよう紐で縛ります。

 ここはあの脱走常連犯バンドウイルカのニライくんのお部屋です。


















 普通のイルカたちのお部屋のゲートは紐1ヵ所(写真は左)。台風でも来ない限り朝までこのままで、特に問題ありません。しか〜し!!!脱走常連犯のニライくんは、1つでは一瞬で破られてしまいます・・・そのため紐は5ヵ所もっ!!他のイルカの5倍も強化するなんて・・・米川トレーナーいわく「こんなにしても、ダメなときはダメなんだ・・・」とのこと。

 
 紐をせっせと結ぶ米川トレーナーのそばをニライくんが様子をうかがっています。まるで「今日はどんな風に結んでいるのかな?」と覗きこんでいるようですね。にやりと笑っているようにも見えます。

 今日(というかいつも)は脱走しないでね。

                 トレーナー一同

ドルフィンラグーン カウンター

 ここが、OMRCのプログラムを申し込む
ドルフィンラグーン カウンターです。


 夏休みも終わり、ちょっと静かになったカウンターですが、夏休みは行列ができてしまいます。

 子供たちの為に、一生懸命のお父様、お母様、どうもありがとうございます。
   
 



カウンターでの受付や、リーフプログラムを担当する 篤子さんです。

 かわいいので 所長のお気に入り。

ミルキー以外で所長に指示ができるのは、吟子さんと、篤子さんだけです。
 「私はミルキー並ですか?」という篤子さんの意見もありますが、
 所長は、可愛い人の言う事だけしかきかないようです。

 セクハラですよ。 セクハラ。


 所長いわく
「可愛い娘が多いOMRCで、セクハラくらいしないと、所長やっている意味はない。
 訴えられても、お金ないし」


 えへ! 
 OMRCスタッフは、
みんな可愛いというならば、
仕方ないですね。 
  可愛さは罪ですね。

 では、みなさん、ぜひ「可愛い
OMRCスタッフ」会いに来てくださいね。


 



 
 

OMRC 23年度 新規採用 募集中

 
OMRC 23年度 新規採用(定期採用)の募集中です。

応募期間は 9月1日〜9月30日(必着)です。
詳しくは、 OMRCのホームページをご覧ください。

http://www.omrc.jp/menustaff.html


 毎年、書類が30日に届かない方や、 書類が一部間に合わないという方がおいでですが、

十分 注意してください。 ちゃんと応募してくれる方に失礼ですので、
期日の遅れは理由を問わずNGです。


「容姿端麗な、可愛い娘が希望!!」(所長)  

 ビシ! バシ!  ビシ!バシ!

↑ 気にしないでください。 変なおじさんの独り言です。
                           (怒っておきましたから。 吟子)

熱意があって、勤勉な方 大歓迎。  生き物との暮らしは、苦労の連続ですからね。

もし、がんばってみようと思う方、応募してみてください。

ただし、毎年、応募いただける方は非常に多く、採用されない方の方がとても多いです。

ぜひ チャレンジしてみてください。 





 

サンゴ

これは、ミドリイシと呼ばれるサンゴです。
 皆さんが、イメージするキレイなサンゴとは少し違いますか?

 でも、サンゴの中でも最もポピュラーな種類です。

 主に浅瀬に多く繁殖していますよ。
 サンゴの色と 生息している海の深さって、密接な関係があります。

 サンゴの色は、どの光(色)を使って光合成をしているかで変わってきます。 青色を使って光合成をするサンゴは「赤色」になりますし、多くの色を使って光合成をするサンゴは「暗い」色に見えます。

 
 ちょっと難しいですか? 分かりやすく解説すると… 「サンゴは光を食べる生き物と言われています。 太陽の白い光には全ての色が含まれているので白く見えますが、もし、これから青色だけ食べちゃうと「赤色」しか残らないでしょ。 全部の色を食べれば「黒」となちゃいます。 光は沢山の色の集合ですから、それを全て使うのはさすがにないので「黒」はありませんけどね。

ちなみに、サンゴって、植物ではなく小さなイソギンチャックの仲間が集まった「動物」です。 知ってました? この枝のような骨格に、みんなで集まって暮らしています。

 ん〜 学術的ですね。 知恵熱でそうです。 私が…ね




実は、このミドリイシ サンゴは、リーフガーデンの水槽の中で育っています。 恩納村漁協の漁師さんたちが、海のサンゴを増やす為にサンゴを養殖しているのですが、その一つを分けてもらって水槽で育てています。 ミドリイシは、サンゴもいろいろな種類がありますが、ミドリイシは成長もはやく、浅瀬でも育つサンゴですので、頑張って育てたいと思います。

 映画でも有名になった「サンゴの移植」って、このミドリイシを使っているんですよ。 大きく育てば移植もできたらいいなぁと思っています。 
 
 


DateYear
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: