サシバ

今日は先日のコミミズクに続きまして、OMRCで保護しているサシバを紹介しましょう。『サシバ』と言っても歯にさす『サシバ』とは違いますよ。よく「サシバってあの・・・?」言われますが、鳥の名前『サシバ』なのです。知らなかった方はぜひ覚えてあげてくださいね。
 これがそのサシバです。どうです?かっこいいでしょう?
 サシバは中型のタカの仲間で、渡りをするタカとしても有名です。中国北部や朝鮮半島、日本で夏に繁殖し、秋になると群れを作って東南アジアやニューギニアに渡り冬を越します。秋の渡りは有名で何百、何千ものサシバが大空高く舞う姿は迫力満点です。この渡りの際、沖縄を通るので(沖縄で冬を越すサシバもいますが)、秋にはたくさんのサシバが見られます(ちょうど今くらいの時期ですね)。

 OMRCで保護しているサシバはオスで、名前はサチオ君です(わかりやす〜い)。サチオ君はOMRCに来てもうすぐ6年で、コミミズクのコミーよりも先輩です


 サチオ君はとってもあわてんぼう。ご飯をあげる時も扉を少ししかあけていないのに「何かされるんじゃないか」と大慌てです。焦りすぎて止まり木から落ちたり、ジャンプした後着地に失敗したりすることもよくあります「もう6年もいるんだから、わかってよ〜」と、いつもスタッフに言われています(笑)。そんなところも可愛いんですけどね。
 観察するときはサチオ君を慌てさせないようにそっと見てあげてくださいね。



ティカちゃんの成長

 イルカは、毎日いろいろなトレーニングを行っています。トレーナーと二人三脚で少しずつ種目ができるようになります。
 今日はティカちゃんの成長ぶりをご覧ください
 この写真は10月8日のトレーニングの様子。輪っかを見せて「怖くないんだよ」というのを教えています。トレーナー(アンドレアトレーナーです)が手を出してティカちゃんもそれにタッチしようとするのですが、そのためには輪っかのそばにいかないといけなくて・・・・・・恐る恐るタッチしています。







 こちらの写真は10月17日、昨日のトレーニングの様子です。どうですか?怖がっていたティカちゃんが、なんと輪っかの中に・・・・・・!!!約10日でだいぶ成長しましたね輪っかの中からトレーナーの手にタッチしようと頑張っています。

 しかしまだ、何が不安なところがあるようで、トレーナーが手を離すとすぐ輪っかから出てしまいます。ティカちゃんとトレーナーの練習はまだまだ続きそうです。



 そんなティカちゃん、昨日は輪っかの中でご褒美のイカをもらっていました。こうすれば「ここにいたらいいことがある」とティカちゃんも思ってくれすはず!!

 トレーニングにはいろんな工夫があるんですね。今後の成長が楽しみです


コミミズク

 OMRCでは2004年に傷病野生鳥獣保護ボランティアに登録し、怪我をした野生動物を病院で治療した後、沖縄県の依頼で野生に戻れるまで保護しています。現在OMRCには3種類の生き物たちが保護されていますが、まだ紹介したことがなかったので、今日しますね♪
 今日はコミミズクのコミーです。クリクリっとした丸くて黄色い目が特徴です。カメラ目線はばっちりです 

 コミミズクはフクロウの仲間で、アフリカ大陸北部や北アメリカ、ユーラシア大陸など世界の比較的涼しい場所に生息し日本には冬鳥(冬にやってくる鳥)です。沖縄ではあまり見ることはないらしいのですが、県内で保護されているので、ちょっとバカンスに来た時に怪我をしたという感じですかね(笑)

 コミーがOMRCにやってきたのは2005年9月ごろ。もう5年もOMRC歴があります(OMRCのスタッフは半分以上が5年未満なので、大先輩ですねっ!)。来た当初は常に昼間「シャーシャー」と威嚇の声を出し、近くを通るお客様やスタッフにビクビクしているようでしたが、今ではだいぶ落ち着いたようで(時々威嚇されますが)お昼寝をしている様子もたまに見ます。寝ている様子を隠れてじっと観察していて、コミーがこちらに気付いてビクっとした時の驚きの顔がたまらなく面白いです(笑)。そんな時は目が出てくるんじゃないかと思うくらい大きな目になります。
 寝ている時も少しの物音で(フクロウは耳がいいんですよね)起きてしまうようなので、昼寝シーンはかなりのレアですリーフガーデンにコミーのすむ小屋(所長作、出た~)があるので、そこに近付くときは是非、抜き足差し足忍び足でお願いします

イルカのそばに・・・

 久々のティカちゃん!!相変わらず元気いっぱいですね

 イルカのお部屋に行くと、イルカ以外にいろんな海の生き物たちに会うことができます。お部屋の網には、サンゴやイソギンチャク、ウニやナマコ、カニやエビなどた〜くさんの生き物たちが暮らしています。写真のティカちゃんの周りにはお魚がいっぱいいますね。

 よくお客様から「この魚は食べないんですか?」と聞かれます。イルカたちのご飯はお魚なので(以前のブログで紹介しましたね)、目の前にご飯がいっぱいあるような状態ですね。
どうなんでしょうか?
 
 正解はいつもは食べません。お魚たちも生きているので、イルカが追いかければ逃げていきます(何もされないことを十分知っているので、こんなにそばにいますが)。イルカたちはトレーニングをしてご飯のお魚もたくさんもらっているので、わざわざ体力を消耗してお魚を捕まえたりはしません。
 しかし、時々追いかけてる様子も見ます(ですから、『いつもは』にしました)。が、お腹がペコペコで追いかけているのではなく、遊んでいるという感じです。写真ほどの小さなお魚たちはほぼ無視ですが、ちょっと大きめのお魚がお部屋の中に入ってくるとみんな興味深々っ!!何頭ものイルカでお魚を追いまわしています(お魚かわいそう・・・)。捕まえたお魚を「見て、見て」と、トレーナーの元に持ってきてくれることもあるんですよ。

お魚とイルカのショットはプールでイルカを飼育している施設では見ることはできないので、ちょっと珍しいですね。カラフルなお魚たちと泳ぐイルカの姿もなかなかいいですよ
 

ご飯

 ケヅメリクガメのご飯は朝ですその日によって異なりますが、だいたい8時か9時くらいかな。10時くらいになることも時々。今日は何を食べているのかな??
 今日のご飯はチンゲン菜などのようです。美味しそうに食べていますね。ケヅメリクガメは草食性です。しかし、どんな野菜でも良いというわけではありません。私たちが生で食べられる野菜(レタスやキャベツ)はだとカメにとっては柔らかすぎてお腹を壊してしまう可能性があります。

 OMRCではチンゲン菜や小松菜、ドラゴンフルーツなど火を通して食べるものを生であげています(ドラゴンフルーツの新芽は火を通すと食べられます、美味しいですよ)。





 こちらはちびっこカメチームのお食事風景です。奥にはハイビスカスのお花を食べてるカメたちがいますね、かわいいっ!!

 カメたちは食欲旺盛で、山ほどあるご飯もすぐ無くなってしまいます。これからカメたちも大きくなっていくのでご飯の量も増えていくことと思います。楽しみですね。

夜のイルカ

こんばんは、只今夜の18:45。日は沈み、辺りはすっかり暗くなりました。
イルカたちは何をしているのかな?
いました、いました!!外は真っ暗というのに元気に泳いでいます。近付くとイルカたちも昼間と同じ様に「遊んで」と寄ってきました。

   夜は海の透明度がいいので、イルカたちの体まではっきり見えます。夜のイルカも神秘的ですね。

 イルカたちは夜になるとヒトと同じ様に寝ます。ただ、ヒトのようにぐっすり眠るのではなく、比較的浅い眠りです。野生のイルカの場合、ぐっすり寝てしまうと敵に襲われたり流されたりと危険がいっぱいっ(野生のイルカは泳ぎながら寝ます)!!また、イルカたちは意識しないと呼吸が出来ないので、寝てしまうと息ができません。ですから、爆睡してしまうわけにはいきません。
 そんなイルカたちは脳を片方ずつ休ませながら眠ると言われています。私たち(少なくとも私は)はそれができないのでどんな気分なのかはわかりませんが、うとうと状態という感じですかね。疲れ取れなさそうですが、イルカたちは大丈夫そう・・・・・・毎日元気ですからね。

 夜でも人に集まってくる様子を見ると、物音がするたびに「何かな?」と見にいっているのかも。でも朝早くお部屋に行っても起きているので、イルカたちって睡眠時間少ないっ!??少しの睡眠であんなに元気に動けるなんてイルカたちってすごいですね。




 森口トレーナーがイルカと遊んでいますが、森口トレーナーは鳥目なのでこの子は誰なのかがわかりません(笑)。イルカも鳥目とかってあるんですかね?

 今度イルカ隊長に聞いてみますね。




イルカ隊長の取材

イルカ隊長:みなさん、今日も暑かったですねぇ、まだまだ沖縄は夏の日が続いております。

りんちゃん:こんにちは、イルカ隊長!今日は私の代わりにブログを更新してくれるってホント!?

隊長:そうだよ、OMRCのイルカたちがかっこよく紹介できるように、イルカ目線で取材してくるよ☆

りんちゃん:いってらっしゃ〜い!!



隊長:イルカのお部屋遊びにきたよ。おや、向こうからトレーナーのお姉さんがきたみたいだよ。誰かな?

りさトレーナー:ど〜も〜、森口です。イルカ隊長、今日は何を撮影しにきたんですか?ジャンプの撮影ですか?

隊長:そうそう、この前みたいなかっこいいフロントフリップとか、いろんなジャンプをねっ!!また見せてくれるかい?

りさトレーナー:いいですよっ、ではいきますよ〜〜!!!はいっっ!!(パシャリ)

隊長:君じゃないから・・・・・・















隊長:まぁ、いいや。りさトレーナーありがとう。でも君じゃなくて、本当はイルカのジャンプが撮りたいんだけどなぁ・・・・・・

りさトレーナー:そうなんですか、早く言ってくださいよ。飛び損じゃないですか〜!!今からティーラくんと遊びますけど、来ます??

隊長:ではぜひ、ティーラくんを取材したいなっ!!

隊長:こんにちは、ティーラ君!調子はどうだい?

ティーラ:(イルカ隊長の通訳が入っております):別に、ふつー。

隊長:相変わらず君はクールなキャラだね。今日は楽しかったかい?

ティーラ: ん?まぁまぁ。

隊長:実は楽しかったくせに、素直じゃないんだからぁ。では、最後にふつーにまぁまぁのジャンプを見せてください!

ティーラ:いいよ、そこから見てな。
隊長:やっぱりティーラくんはかっこいなぁ。クールで成績優秀で、さぞかしモテるだろうね、うらやましいよ。

りさトレーナー:いや〜、それほどでも(照れ)。

隊長:いや、君じゃないから・・・・・・

りさトレーナー:ティーラくんはかっこよくて、旦那さんにしたいくらいですよ、ねっ?ティーラ??

ティーラ:・・・・・・。

隊長:なるほど、興味がない女性からのお誘いそうやって沈黙を答えにするんだね、勉強になったよ。ありがとう、ティーラくんとりさトレーナー。


りんちゃん:おやおや、今日の取材は無事に終わったようです。やはりイルカ同士だと心を通わすことができるんですね。次回のイルカ隊長の取材もお楽しみに!!イルカ隊長への質問もお待ちしています♪

紅白のハイビスカス

 今日は、土曜日じゃありませんが、
とっても、面白味もの見つけたので紹介します。

 これは普通のハイビスカス。 赤が定番。

皆さんも、ハイビスカス
と言えば、これですよね。


インド洋や太平洋の島々が原産地。その後、ハワイに持ち込まれて、有名になりました。 ハワイの州花らしいです。

 ハワイと同じく、沖縄でも多くのハイビスカスが育っています。

気候がマッチしているんでしょうね。 とってもよく育ちます。                                                       

 赤の他に、ピンクや黄色、オレンジもあります。

 多分、品種を改良してできたのかと思います。

ルネッサンス リゾート オキナワのお庭にも、たくさんのハイビスカスが咲いています。


 この写真のハイビスカスは、タラソ セラピー(エステサロン)の横に咲いているピンクのハイビスカス。

 淡いピンクがとっても綺麗ですよ。


で、 このピンクの花の中に、とっても変わり種がありました。 それが、これです


 これ、すごいでしょう。  花びらが、ピンクと赤に見事に分かれています。 

所長がいたずらしたんじゃありません。 

 リーフプログラム担当の さきちゃん が見つけて教えてくれました。 沢山ある、ピンクのハイビスカスのなかで、これ一輪だけ紅白なんですよ。  なんか、おめでたい気分がしませんか?














ボール遊び

 イルカたちは自由時間にいろいろなおもちゃで遊んでいます。それぞれお気に入りのおもちゃがあり、イルカによって遊び方も違います。

 海の上にプカーっと浮かんでいるボール

 一体だれのおもちゃかな???


 しばらくすると・・・・・・

 バンドウイルカのパルちゃんでした〜!!あのボールはパルいちゃんのものだったんですね。くわえたまま沈んでいきました。

 しばらくすると・・・・・・







 出てきたボールにつんつんしています、かわいいっ
水面をつんつんしながら移動させてみたり、くわえてジャンプをしたり、水中に持っていったり、ポーンと遠くに投げ飛ばしたり・・・ちょっとの時間見ているだけでもいろんな遊び方をしていました。
 今日はトレーナーが近くにいてもボール遊びに夢中のようです!!楽しそう・・・



 「見て見て〜」と言わんばかりに近くまでパルちゃんがボールを持ってきてくれました・・・が、くわえたまますぐ沈んでしまいました(やっぱり遊びに夢中のようです)。


 この遊びから新しい種目ができることもあるんですよイルカも好きなもの(パルちゃんならボールなど)を使ってレーニンングをする方が楽しいし上達も早いそうです。トレーナーたちは遊んでいるパルちゃんを見ながら「次はどんな種目を教えよう」と考えているのですね!!

何でしょう?

 今日は日曜日! 昨日と打って変って、よい天気です。

 所長はお休みの予定… 

でも、朝から出勤していました。ときどき、カウンターに戻ってきては、また、どこかに行きます。

 何しているんでしょう 

所長は、時々日曜日にきて、何か作ります。 

 何か作っているので、写真写してみました。

やはり、何かの飼育小屋のようです。

さて、何を飼育するつもりなんでしょうか?  昨日、篤子さんに「まだ、動物増やすんですか?  
世話大変なんですよ! 」  と言われていましたが、きっと、その件ですね。

 怒られても、やっぱり飼うみたい。
 
 でも、何?  多分、また傷病鳥獣預かるつもりですね。 懲りないですね〜。 
でも、楽しみです。

 


DateYear
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: