必ずやります!!

皆さんこんにちは
実は皆さんに重大なお知らせがあります
それは何かといいますと……。

実は今日で月曜日の石ぴー担当は最後なんです・・・
皆さんの悲しむ声が聞こえてきますね。
最後でも今日も全力でいきたいと思います
沖縄も土曜日、日曜日と気温がかなり下がりました。
寒い寒いと言いつつも、なぜか手足がポカポカ歩く湯たんぽ石ぴーです


最後のお話は『健康チェック』です。
健康チェックといっても、私のではなくイルカのですから皆さん勘違いしないように
お願いしますね

イルカ達は、体調が悪くても会話することができません。
またご飯を食べて、泳いだり、ジャンプができていても
見た目だけでは本当に健康かどうなのかはわかりません。
そこで、私達が毎朝行っているのが体温測定です
体温を測定する機械がこれです。


この機械にはコードがついていて、この先が熱を測定する部分になっています。


ここをイルカのある所にいれて熱を測定します。
人間の場合は脇に挟んで熱を測定したり、口、耳などで測定しますが、
イルカは違う場所で測定するんです。。
では、どこで測定するかというと…お腹側を見るとわかります。


お腹側にはこのような溝があります。
ここの一番後ろにあるお尻の穴(肛門)に入れて熱を測定します
どのくらいの長さを入れるかというと約30cm!!
そして、イルカの体温は海の中にいますが、約36度くらいなのです



ティン君の朝の体温測定の様子を撮らせてもらいました。
さすが最年長のティン君、じっとしていますね
これもすぐにできたのではなく、少しずつ練習をしてここまでできるようになったんです。
この様子は、朝ホテルのお部屋からイルカの部屋を覗いてもらうと
イルカ達の健康チェックの様子を見ることができますよ。
ぜひ、探してみてくださいね

以上!!長いようで、短かった2ヶ月間。今回で月曜日担当の石ぴーとはお別れになります。
また、月曜日担当として復活すると思いますので待っていて下さいね
来週の月曜日からは、石ぴーと同じくらいかっこいい『内田トレーナー』が
担当しますのでお楽しみに

石ぴーでした


ケトの成長

はいさい
金曜日ブログ担当の成冨です!!
紹介するイルカスタッフは残りわずか。
今週も続けて紹介しようと思ったのですが、
イルカのトレーナーでありながら今月一度もイルカの話に
触れてないので……
ブレイクを入れたいと思います

今日はバンドウイルカの『ケト』の話
新人イルカだったケトも今年の3月で、私達の仲間入りをして
2年が経とうとしています!!
今やマダライルカ達も仲間入りをし、先輩イルカとして
いろんなプログラムに挑戦しています
そぅです成長しようとしているのはトレーナーだけではないのだっ!!!!

さて、ケトが取り組んでいるのは『スクーター』『ドーサル』といわれる種目。
これは、まずゲストがイルカの背ビレや胸ビレにつかまります。
その状態でイルカがゴール地点までゲストを連れていくというもの
さて、その練習状況はどうなっているのでしょうか

担当の石川トレーナーとケト


息を合わせて、トレーニング開始です。
ゲスト役には笑顔がキュートな小林トレーナー
まずは、ドーサルから挑戦です!!
小林トレーナーがサインを出すと手に背ビレを当ててきます。



そのまま背びれを掴んで……
バッチリです
ケトも余裕とばかりにビックリせず、しっかり小林トレーナーを連れていきます
上出来な様子が小林トレーナーの笑顔からも伝わってきますね♪



さらには、力んでしまうゲストを想定し、背ビレを掴んだ手に少し力を加えます



それでも見事に落ち着いた泳ぎでゴール地点に連れて行ってました!!
続いては、スクーターに挑戦
しっかりサインの違いも判別できてます!!

  

こちらも安定した泳ぎと姿勢で小林トレーナーを連れていくケト!!
心の中では拍手喝采ものです



ここまで出来るようになるには地道はトレーニングがありました
少しずつトレーニングを重ねてプログラムデビューに繋がっていくのです
OMRCには13頭のイルカがいます。
そのイルカ1頭1頭もトレーナー達と同様個性豊か
担当のイルカによってトレーニングの進め方を考慮しながら
いろんな種目を作り上げていきます!!
トレーニング風景は、施設周辺からも見学できますので是非、
覗いてみて下さい

最後は、ケトの華麗なジャンプでさようなら〜


練習中!!

皆さんこんにちは
1月も後半に入りました。本当に1ヶ月が経つのは、早いですね。
このままだと、すぐ2017年になりそうな予感がし、日々大人っぽく
なっていると思う、月曜担当石ぴーです
今日だけ1日早い日曜日担当です。

この名前もそろそろたくさんの方に知っていただけたでしょうか。
まだまだ石ぴーという名前を広めていきたいと思います

それでは本題にいきたいと思いますが、
タイトルにありました『練習中

誰が、どんな練習をしているのかというと

今回の主役はこのイルカ。 ハナゴンドウの『サザン』です


3頭いるハナゴンドウの中で、唯一の男の子なんです。
そして得意なジャンプは、大きな身体を回転させながらのスピンジャンプ
サザンがジャンプすると迫力満点です。


さーこんなパッチリと大きな目が特徴のサザンは、現在ある種目を練習しているのです。
練習している種目は、フロントフリップです。
フロントフリップは、どんな種目かというと

空中で1回転するのですが、まだまだサザンの練習は初期段階で

どんな様子かというと、



まずは、私とアイコンタクトをとりサザンが準備ができているのかを確認
準備ができていたら白いターゲットと呼ばれる目標物を出します。
そうすると、サザンはこのターゲットを追って来るので水中に入れると……



このように潜り込み、このまま1回転することができます。
現在サザンは、水中での回転しかできませんが、
今年中には、この種目を完成させたいと思いますので、

石ぴーファンの皆さんは、石ぴーとサザンの活躍を見守っていて下さいね


それではまた、来週の月曜日にお会いしましょう。 石ぴーでした


アニマルトレーニング最終回

『How was this year for you?
Happy? Hard? Exciting? Boring?』

海外かぶれ女子を最後までやり通したい、水曜日の井上です


みなさん、今年を振り返ってどんな一年でしたか??
私は、今年もまたチームに恵まれた年でした!!
それでは最後に、この1年一緒に働いたトレーナー達を紹介します


山上トレーナー
やる気だけは誰にも負けません


新垣トレーナー
核心をついた質問をして、先輩をドキっとさせます


内田トレーナー
面倒な仕事も嫌な顔一つ見せず引き受けます


成冨トレーナー
イルカとおしゃべりすることと、物事を組み立てて話すのが得意、
レクチャーはピカイチです


高橋トレーナー
不器用だけど、チームの中で1番の働き者です


石川トレーナー
時間はかかるけれど、内容のあるクオリティの高いもの見せてくれます


平岩トレーナー
トレーニングがイルカの健康を守ること、よくわかってます


小林トレーナー
センスがあるってこういう人のこと。
でもそのセンスを磨いて活かしたのは彼女自身です


木嶋獣医
厳しいけれど、誰よりもイルカとスタッフのことを考えている優しい人です


米川トレーナー
ツライ時も楽しい時もいつも隣にいてくれました

今年もやりたいことに挑戦できました
奇跡の1年をありがとう
ではまた会う日まで、さようなら
みなさん、よいお年を


アニマルトレーニング4

The difference between  a successful person and
others is not a lack of kwowledge , but rather a lack of will.
(Vince Lombardi)

会話の途中でつい『Aha~アハ??』とか言っちゃう海外かぶれ女子、水曜日の井上です


『成功した人とそうでない人の違いは知識の欠如ではなく、意志の欠如である。』


知識がある人=賢い人??
従順な人=仕事ができる人??

何だか違う気がする
自分で物事を考え判断する能力、知識ではなく知性を大事にしたい。

イルカも人間と同じ、考える力がある。
そして、トレーナーはその能力を引き出せちゃうんです!!
ズバリInnovative training イノベイティブトレーニング
自発的に行動する、という学習を利用したトレーニング

動物自ら行動を試行したり、考え出したりすることを褒めることで、
動物が自発的に新しい行動を引き出すようになる。というもの。
バハマで見たイノベイティブトレーニングをご覧ください



実に興味深いトレーニング
イルカは試行錯誤しながら考えてる、だからトレーナーも考えなきゃ
来週もお楽しみに


アニマルトレーニング

井上It's natural in my style〜 It's better to keep natural 〜

米川『おいっ!!そこの海外かぶれ女子!
    今年最後の合コン来週に控えてるっていうのに〜作戦大丈夫なの

井上もう自分を飾るのやめませんか?

米川『はぁ〜

井上『ボディタッチとかしてテクニック使ってみたり、頑張ってオシャレしたりメイクしたり。
           背伸びする自分にもうおさらば

米川『はぁ〜背伸びちょっと意味不明

井上『この際なんで言わせてもらいます
     自分を偽って男をゲットしたとしても、やがてバレる。
     ありのままの自分を好きになってくれる男性、見つけましょ


どーも、水曜日の井上です


先輩から理屈っぽく説明されると、それが一番正しいと思いこんでしまうこともあって
でも、理屈がわかっていても、うまくいかない



今は、その考えも1つの見方に過ぎないと教えてくれる人たちに出会って、
見方を変えると世界がぐっと広がった(先週のブログをチェケラココ
歌うし踊るし、楽しいのが一番みたいなバハマらしいプログラムご覧ください




イルカとのふれあい方、スタッフの対応の仕方、
どれをとっても自分たちのやり方とは違った。
でも、どれもいいどっちが正しいとかはないのかな
自分がやりたいって思うことやってみたらってこと



自分たちのスタイルで





米川『素顔の自分で勝負してダメだったら、どうしてくれるのよ?絶望的

井上『そしたら、日本出ましょ。メキシコは日本人女性モテるらしいですよ!
     海外進出的な!!はははっ

米川『全然笑えないんですけど


フェニックス試練

はいたい
金曜日ブログ担当の成冨です。

私たちの施設にはイルカが3種類13頭暮らしています
その中で私のイチオシのイルカは……
やはりフェニックス!!!!



なぜなら、私の担当しているイルカだからですかね(笑)
愛おしく思えちゃうのかもしれないです

そんなフェニックスと日々頑張ってきた種目があります!!
その種目は『バックテールウォーク』です。
テールウォークについては、以前平岩トレーナーが紹介しています
こちらをクリック→☆★☆
テールウォークはお腹側から進行方向に進んでいきますが、
バックテールウォークは字のごとく、背中側から進んでいきます。

なかなか打たれ弱いフェニックス……
上手くいかないことがあると、『もう出来ません』と
言わんばかりにトレーナーの前から去っていく事もありました
本来は海の中で生活する生き物
空気中に身体の半分以上を出して姿勢を維持する事なんて大変だっただろう
イルカに動作を教えるってすごく難しいこと。
2日前の井上トレーナーのブログにもありました。
イルカのやる気を引き出す……
どんな動作を褒めるか、その動作を引き出すのにどうするか。
私も悩むし、フェニックスもきっとへたっぴな私のトレーニングに苦戦したはず。

それでもトレーナーについてきてくれました
とうとう完成したんです!!!!
今では生殖孔が見える高さまで身体を出して進む事が出来るようになりました。


どうぞ、練習の成果をご覧下さい

  

どうですか
私の奥でフェニックスのサブ担当の石川トレーナーが
心配そうに見ている中、バッチリ姿勢を保ちながら上手にさがっています!!!!
そして、上手に出来た時はう〜〜〜〜〜んと褒めます

これからもお客様があっと驚くような、そして楽しんでいただけるような
パフォーマンスをフェニックスと共に作っていきたいと思います♪♪
さぁ、次はどんな種目を教えようかな
お楽しみに〜☆彡


アニマルトレーニング

The good teacher explains.
The superior teacher demonstrates.
The great teacher inspires.

やたら英語を使いたがる海外かぶれ女子から抜け出せない、
水曜日の井上です

『良い教師は説明する
 優れた教師は実演する
 偉大な教師はやる気を起こす

イルカの能力に驚かされることは多々ありますが、
それを教えちゃうトレーナー、人間ってすごいみたいな感動もあるんです

バハマで見た長いバックテールウォークがコチラ



イルカに動作を教えたとき。
トレーナーじゃなくてイルカがすごい!!
イルカが天才なだけであって、トレーナーがすごい訳じゃない”って
確かにそう感じる時はあるし、イルカに助けられた場面がたくさんある

でも、あのバックテールウォークを教えたトレーナーはやっぱりすごい

やる気を起こさせるトレーナーなりたいです


いざ!極寒へ!?

皆さんお久しぶりです。
約4ヶ月ぶりの登場になりますが、私のことを覚えているでしょうか
そうです12月1月の月曜日担当なら私で決まり
年中無休で元気マン石ぴーです


覚えていてくれた方ありがとうございます
忘れてしまった方、まだ知らない方は今日からよろしくお願いします

では、本題へと進んでいきたいと思います。
題名にもあった通り私は、極寒へ行ってきたのです
北極??南極????
いえいえ、もっと近場のイルカ達の餌『』を保管している冷凍庫です


わかりますか??扉を開けると冷気が出てきました。
この室内の温度はなんとマイナス20度なんです
想像をするだけで寒そうですよね。
今日はなぜここに来たかというと、毎月行うイルカの餌の搬入です。
1人では大変なので、パートナーと一緒に来ました。
今回のパートナーは筋トレ大好き内田くんです


防寒もばっちりに決まってます。
冷凍庫の中に入ったら、今ある物を綺麗に積み、次の魚の搬入に備えておきます。
重い物は1つ約15キロの物もあるんです
綺麗に美しく並べることで重い餌が倒れて怪我をするということを
防ぐことができます。美しく写真も撮れたので載せてみました


最後は、この魚を必要分トラックに積みこみ、調餌場にある冷凍庫に入れます。
その時も綺麗に美しく入れて作業は一段落です


明日は筋肉痛になることを覚悟した石ぴーでした……
では、今日はここまで来週もお楽しみに


アニマルトレーニング

 “The important things is not to stop questioning.

たいして英語できないくせにやたら英語を使いたがる
海外かぶれ女子あるある、完全にハマってます水曜日の井上です

あの偉人アインシュタインが言うんだから間違いない
『大切なのは疑問を持つことをやめないこと』
なぜ、トレーニングがうまくできないのか
今年もその答えを探しに行先はカリブ海に浮かぶバハマ国



気付けば、後輩に教える立場
もう私のトレーニングを指摘する人は少ない。
それはとても恐いこと



正しいかな??



間違ってるかな??



自分の行いや一言がチームのトレーニングに影響する

さらなるステップアップを目指して
見てきました聞いてきました
来週、お楽しみに!



DateYear
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: