ニライくん、脱走しないでね

 
 夕方、イルカのお部屋に行くと何やら米川トレーナーが作業中(米川トレーナー久しぶりだぁ!)。
 

 ゲートを固定しているようです。以前ブログで紹介しましたが、イルカのお部屋はたくさんあってそれぞれの入り口にゲートと呼ばれる扉がついています。その扉を開け閉めしてイルカを他のお部屋に移動させます。夕方はこのゲートが何かあったときに(夜風がついたり大波がきて外れたりしないように)開かないよう紐で縛ります。

 ここはあの脱走常連犯バンドウイルカのニライくんのお部屋です。


















 普通のイルカたちのお部屋のゲートは紐1ヵ所(写真は左)。台風でも来ない限り朝までこのままで、特に問題ありません。しか〜し!!!脱走常連犯のニライくんは、1つでは一瞬で破られてしまいます・・・そのため紐は5ヵ所もっ!!他のイルカの5倍も強化するなんて・・・米川トレーナーいわく「こんなにしても、ダメなときはダメなんだ・・・」とのこと。

 
 紐をせっせと結ぶ米川トレーナーのそばをニライくんが様子をうかがっています。まるで「今日はどんな風に結んでいるのかな?」と覗きこんでいるようですね。にやりと笑っているようにも見えます。

 今日(というかいつも)は脱走しないでね。

                 トレーナー一同

マダライルカの見分け方

 最近ブログで常連になってきたマダライルカたち。OMRCでは3頭の可愛いマダライルカを飼育しています。
 最近ではプログラムデビューも果たしみなさんに会うことも多くなってきました

 今日はこのマダライルカたちの見分け方について紹介しましょう!!!

 

 左から、ユイくん、ウルマくん、チュラちゃんです。何が違うかよ〜く見てくださいね・・・・・・・・・わかりますか?

 まずユイくんは吻先(くちばしのようなところ)が白いのが特徴です。他の2頭と比べても白い幅も広く、色もくっきりしています!ちなみに目はくっきり一重です!
 
 続いて、ウルマくんは下あごのまだら模様が濃いっ!まるでひげが生えてるみたいです(泥棒みたいな感じです)。目はくっきり二重で、かっこいいです。
 
 最後にチュラちゃんは目がパンダ目になっています。写真を見ると他の2頭より吻先から目にかけてが黒くなっています。目はうっすら二重かな・・・?疲れた人が二重になるみたいな感じです(笑)。

 見た目の違いはこんな感じです。性格の違いについてはまた今度ぜひ覚えてあげてくださいね。
これであなたもOMRCマダライルカマスターです
 

ユイくん成長

 先日、怖がりなマダライルカのユイくんとトレーナーのトレーニングの様子を紹介しましたが、あのユイくんが成長しました
 どんな写真かわかりますか?
フープが沈んでいて、ユイくんの顔あたりがフープの中に入っています。実はこの後くぐっちゃいますっ!!!

 先日(23日)紹介した時はフープが何なのかさえわからない状態でしたが(なになに?食べ物〜?状態でした)、毎日少しずつフープとの距離を縮め、タッチをしたり顔を入れたりできるようになりました。ユイくん、すごい

 イルカに何らかの動作を覚えさせたいときはターゲットという道具を使います。トレーナーがフープの反対の手で持っているのが、そのターゲットです。

 これがターゲット、棒の先が丸くなっています。

 まずは何も知らないイルカに「このターゲットの先の丸いところにタッチするといいんだよ」というのを教えます。こちら側からイルカの吻先(くちばしのようになっている所)に当て、それを繰り返していくとイルカの方からタッチをするようになります。これで第一段階完成です
 
 次の段階はこのターゲットを使いながら、イルカにさせたい動作を覚えさせます。例えば今回のようにフープをくぐらせたいのであればフープの先にターゲットを置き、フープに顔を入れてタッチしたら褒めて、それを繰り返していきます。ジャンプであれば、水面より少し上にターゲットを置き、タッチしたそれを褒め、徐々に上にあげていくとジャンプができるようなります。

 最後はサインの後に動作がでるように、ターゲットがなくても動作ができるようにして、種目賛成です!!

 ユイくんは現在第二段階を練習中。「ターゲットにタッチしたい」という気持ちと「フープの中が怖い」という気持ちが入り混じってできたりできなかったりを繰り返しています。上手くできたらもちろん褒めていげますが、上手くできないときも大切!イルカたちがやる気をなくさないよう(もうできないよ〜とならないよう)、「怖いけど頑張らなくちゃ」と思えるよう、トレーナーも工夫します。
 上手くくぐれるようになったら、フープを水面にあげてジャンプをするのが目標です!
頑張れ、ユイくん!!みなさんも応援よろしくお願いします


ユイくん、ピンチ!!?

 昨日イルカの傷チェックの話をしましたが、今日マダライルカのユイくんの体に傷を発見!!

 ユイくんの右側、目の後ろあたりに何本もの黒い線が・・・これが傷です。引っかいた跡のような、こすった跡のような。

 比嘉トレーナーいわく「チュラちゃんがやったんじゃないかなぁ」とのこと。チュラちゃんは歯並びがキレイなので、このようにキレイな跡になるんだとか。

 マダライルカはウルマくん、チュラちゃん、ユイくんの3頭で、いつも同じお部屋にいます。自由時間の間にチュラちゃんがユイくんにかみついたようです。かむと言っても遊びの中でなので、あまがみ程度ですけどね。

 
 
この傷は血も出ていなくて、ユイくん自身も全く気にしていないのでひとまずこのまま様子を見ます。ユイくんは気にせず、元気にジャンプ!!






 「女が強い」と言いますが、イルカの世界でも、実はそうなのかもしれないですね。


最初のトレーニング2

 昨日はトレーニングを開始する前の様子を紹介しましたが、今日は朝1番のトレーニングを紹介します(なんだかややっこしいですね)。
 朝のトレーニングでは健康チェックを行いますが、体温測定や口内チェック以外にもさまざまなチェック項目があります。その中の1つに「体の傷を調べる」というものがあります。
 傷といっても血がだくだく出ている大けがではありません。もちろんあれば大変なことになりますが、毎日調べるのは小さな傷です。イルカたちは自由時間の間、いろんなことをして遊びます。おもちゃももちろんですが、他のイルカと追いかけあっこをしたり網に体をこすりすけたりといろいろします。そのためすり傷のような小さな傷がよくあります。(皮がめくれているだけのような感じです)これを探します。

 今日も活躍!アンドレアトレーナーとハナゴンドウのティカちゃんです。
 まずは胸ヒレから・・・よしよし大丈夫♪









 背ヒレはどうかな?・・・・・・キレイ、キレイ♪







 尾ヒレはどうかな?イルカをくるっとひっくり返してお腹もチェックします。ハナゴンドウはお腹側が不思議な模様ですね。




 顔の周りもよ~く見ます。大丈夫そう。
今日はティカちゃん、傷なしです!!

 それにしても体をゴシゴシされているときのティカちゃんは気持ちよさそうですね。目までつぶっていますよ。いつまででもさわっていたくなっちゃいます。

 今日は傷なしでしたが、あった場合は消毒をすることもあります。イルカたちは大の遊び好きなので、できた傷すべてに消毒をして治療することはありません(というかキリがありません、すぐ治りますからね)。ただ、傷の場所や程度を知っておくことがトレーナーの役目なので毎日きちんと見ています。


最初のトレーニング

 みなさ~ん、おはようございます!!今日も1日暑くなりそうです天気予報では午後雨が降るようですが、本当かな?
 8月もあと6日となりましたね、夏休みもあとちょっと!!ちびっこのみんな、宿題終わったかな??
 
 ハナゴンドウのティカちゃんとアンドレアトレーナーです。写真ようにトレーナーの元にイルカがいてトレーニングを開始するわけですが、トレーニング前はイルカたちは自由時間です。トレーニングの本当の始まりはイルカの部屋にトレーナーが行くときからです

 まずはトレーナーがイルカのお部屋に近付いてからイルカが寄ってくるまでの反応を見ます。やる気満々でスッと寄ってくることもあれば、ゆ~っくり寄ってくることも。中には遊びに夢中でトレーナーに気付かないイルカも・・・・・・他のイルカが別のトレーナーも元に行ってから「朝のトレーニング始まってるじゃん!私のトレーナーはどこ!?」と焦って探す様子も可愛いです(本当はすぐ気付かないといけないんですけどね)。他にも、全く違うトレーナーの前にピシッと立って「さぁ!トレーニングを始めよう!!」とやる気満々なのですが、そこは別のイルカのトレーニング場所だよ、なんんてこともイルカも自分で考えているようで「・・・・・・あれ?なんで隣にこの子(別のイルカ)がいるの?なかなかトレーニング始まらないし・・・・・・っていうかここじゃないじゃ~ん!!!」と気付いて、遠くで「こっちだよ~」と必死に手を振る本当のトレーナーの元まで行きます(笑)。イルカから見ればトレーナーはみんな同じ格好(制服)なので、間違えてしまうこともしばしば。でも見分けることができるイルカたちはすごいですね。
 イルカがトレーナーの元に来たらいよいよトレーニング開始です。今日は朝一番なので、体温測定や口内チェックなどの健康チェックを行いました。

恐怖 フープ ?

 「なに これ?」


  


 「だっかっら~、

   これなに?」 







 「食べれるの?

 ねぇ。 ねぇ。」






「ん?  タッチ?

  なっちゃん 

  なにがしたいの?」




 と、とても臆病なイルカたちに、フープを教えようとしている 奈津子トレーナーでした。 また、今日も、奈津子トレーナーの巧妙な罠とも知らずに、イルカたちはフープの中に吸い込まれていくのでした~(笑)。




あっかんべー

 
 毎日暑い日が続いていますが、本州は37度やら38度やらと沖縄よりも暑い日が続いているようでお客様からも「沖縄涼しい」という声をよく聞きます。みなさん熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。


 写真はバンドウイルカのパルちゃんです。けっこう可愛いショットがとれましたよ暑さに負けず(イルカは海だから関係ないかも!?)毎日プログラムを頑張っています




 パルちゃんの特技はこの舌出しです。まるで「あっかんべー」としているみたいでしょ?
 
 こう見るとイルカって舌がけっこう長いですよね。この舌は人の舌とは少し役割が違います。人の舌は味覚を感じたり、言葉を発するときに使います(他にもさまざまな役割がありますが)。しかしイルカは味覚がわかわないと言われていますし、声は鼻(頭部にある)から出しています。

では何のためにあるのでしょうか

 イルカの舌は、赤ちゃんの時に活躍します!イルカは哺乳類なので産まれたばかりの赤ちゃんはお母さんの母乳で育ちます。なんと!この母乳を飲む時に舌をストローのように丸めて使うそうです!!また、飲みやすいように赤ちゃんの舌の先端はひだ状になっていて、大人になるにつれそのひだはなくなります。パルちゃんはすこ~しひだが残っていますが、ほとんどわかりません。
 みなさんもイルカの口の中を見たときは、こんなことも思い出してみてくださいね

イルカのお薬

 今日はイルカの薬の話です。「薬」というと「病気などの体調不良の時に飲む」というイメージがありますが、イルカたちには毎日何らかの薬をあげています。もちろん健康なイルカにも薬をあげているわけですが、なぜかというとイルカたちのあげているお魚に関係があります。 
 以前、ブログでイルカにあげているお魚の紹介しましたが、OMRCでは冷凍のお魚を解凍してイルカたちにあげています。本当は生のお魚をあげるのが一番いいのですが、保存方法や価格などを考えるとどうしても冷凍魚になってしまいます。
 冷凍魚は解凍するときに魚に含まれている栄養分の一部が減少してしまいます。そのため、その栄養分を補うために薬をあげているのです!!ビタミン剤などがそれにあたります。
 イルカたちにあげる薬には通常投薬と特別投薬があります。通常投薬とは健康時でもあげている薬のことで、特別投薬とは個々の健康状態に合わせてあげている薬のことです。
 
 イルカたちにあげている薬はさまざまありますが、人が飲む薬もイルカたちは飲みます。同じ哺乳類ですから、成分は問題ありません。ビタミン剤を始め、胃の薬、肝臓の薬などみなさんも1度は耳にしたことのある薬が多いと思います。
 だたしあげる量が違います。バンドウイルカは体長3m、体重300kgもあるため、人と同じ量では効果がありません。ですから、1度にあげる薬も5錠、10錠とかなりの量になります。


 左の写真はイルカにあげている薬です(1部だけですが)。裏には間違えないようにイルカの名前を書きます。Peはピーチちゃん、Nはニライくん、Cyはカナリーちゃんです。
 薬をイルカにあげるときは、魚のエラの部分を開いてそこに薬を詰めていきます。詰めすぎるとお腹の皮が破れてしまうので慎重に行います。1匹の魚に結構たくさん詰めれるんですよ。
 薬を詰めたらすぐトレーニングで、イルカたちにお魚&薬をあげます。時間が経つと薬が溶けてしまうので、詰めたらすぐです!!







 左の写真は薬の棚です。た〜くさんの薬があります。50種類以上はありますかね。イルカの健康状態を見ながら、トレーナーと獣医が相談してどのどの薬をどのくらいあげるのか決めています。


 イルカたちの健康はこうして守られているんですね。


朝の健康チェック

 今日も暑くなりそうな朝の出来事。

 写真はバンドウイルカとティーラくん比嘉トレーナーです。

って何してるの!!?

比嘉トレーナーの腕がティーラくんの口の中に・・・・・・!!?

かまれてるよ〜!!!

でも少し様子が違うような・・・・・・ちょっと近づいてみましょう。


 近づいても、やっぱり比嘉トレーナーの腕はティーラくんの口の中。
 
 なんとこれ、口内チェックという健康チェックの1つなんです!!
 口内チェックでは異物が詰まっていないか、口内に新しい傷が無いか、歯は折れていないか、変な臭いはしなしかなどをチェックします。遊んでいる最中に間違って葉や海藻を飲み込んでしまうこともあるため、手を入れのどにひっかかっているものが無いか確認します。
 おぉ!比嘉トレーナー結構攻めますね〜、肘までグイグイ入っている・・・見ているこっちがハラハラしますよ。
ティーラくんもトレーナーが手を入れやすいように上に伸びあがっています。頑張っていますね!!

 口内の様子は柔らかくプニプニしていて、ほんのり温かいそうです。

 この口内チェックはトレーナーとイルカの信頼関係が大切!口の中に手を入れられるなんてめったにないことなので、少しずつトレーニングを行い信頼と行動を完成させていきます。

 本日ティーラくんは異常なしでした。
この様子を遠くから見かけても決してかまれているわけではないので、御安心ください。
 



DateYear
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: