小さな訪問者・・・

こんにちわ、安富祖です
沖縄の夏といえばのイメージが強いですが、
我が家では毎晩近くの公民館から聞こえる「エイサー」の練習の掛け声や太鼓の音色に、
沖縄の夏を感じる今日この頃です
旧盆にご先祖様をお迎えする沖縄では先週末がお盆だったのですが、
「みちじゅねー」といってエイサー集団が集落をねり歩くのを見れるのも夏ならではですねぇ

さて・・・
本日は少し前からエイたちのお部屋に流れ着いている「小さな訪問者」を
紹介したいと思います
この子たちです↓ ↓ ↓



はじめまして、タコクラゲです
ここ最近この訪問者はミニサイズの個体も含め、大量に浮遊しているのですが、
なぜ突然現れたのかは不明です。。。

タコクラゲは日本では関東以南の暖かく波の静かな海で、
水温が28度を超えた初夏から見られる無毒の小さなクラゲ。
褐色を帯びた半透明の身体に、多数の小さな白っぽい斑があるのが特徴です。
しかも、なんと身体の色が褐色を帯びているのは、体内に褐虫藻が共生しているからで、
安全な住環境を褐虫藻に与え、褐虫藻はクラゲに光合成で生産した栄養分を与えます。
持ちつ持たれつの共生ですねっ



名前の由来は8本の触手(口腕数)があり、触手の数が蛸と同じ8本であることからだそう。
癒し系のペットとしてペットショップでは結構人気があるようです
ふわふわ泳ぐ姿は確かに癒されますね〜
ただし、無毒とはいっても、クラゲはクラゲ。
人によっては触手をさわると皮膚に炎症を起こすこともあるので、
見つけてもむやみに触らないように気をつけて下さいね


シマウマ

皆さんこんにちは〜
ワッキーです。

沖縄は台風の暴風域が外れて一安心しています。
内地(特に九州)の方は気をつけてくださいね。
今回の台風11号は気圧が上がったり下がったりと落ち着かないので、
台風対策は万全に行ってください!!

さて今週紹介するのは海で暮らすシマウマです。
ただ、本当に海でシマウマが暮らしているのと思ったあなた!!
まだまだワッキー通ではないですね〜
通の方はなんとなーく分かるかもしれません!!

ヒントを出すと、ワッキーは生き物の名前をいじって紹介をするのが好きです。
今回はシマウマと言っていますが・・・
皆さんシマウマは英語でなんと言うか分かりますか?

正解は「ゼブラ」です。

そして〜海の中のゼブラで有名なのは〜?
そう!!ゼブラウツボです!

有名と言ってもワッキーがそう思ってるだけなんですけどね

このゼブラウツボが新しく水槽に入ったので紹介したいと思います。
冒頭でも紹介したゼブラ。

このシマウマが名前の由来になっているのは、体の模様からです。
このように、シマウマと同じ黒と白の縞々模様になっていることから、この名前が付いています。


初めて見た人は必ずと言っていいほど「ウミヘビ!?」と言い、驚かれます!
そこで「ウツボですよ〜」と教えると、ホッとしています。

ではなぜウツボがウミヘビと間違えられるのかワッキーなりに考えてみました。
その結果2つの理由が思いつきました。

理由
海でにょろにょろ泳いでいる姿!!
やはりコレが1番連想されるはず・・・
ウミヘビもウツボも隠れ家から出ていて、にょろにょろと泳いでいる姿が見られます。

ただ!!ウツボは隠れ家にいる時は顔を少し出し、家の外を警戒しているのに対して、

ウミヘビは隠れ家に入ると顔を出さずに隠れていることが多いようです!!

理由
体の模様!!
これはゼブラウツボとウミヘビの仲間でエラブウミヘビが模様が似ているので、

間違われるのではないかなと思います!!
これがゼブラウツボ↓↓


こっちがエラブウミヘビ属↓↓


※山渓ハンディ図鑑10 日本のカメ・ヘビ・トカゲ 参照
どうですか皆さん?
とても良く似ていますよね
このことからウミヘビとウツボは間違えられるのだなと思いつきましたが、
皆さんはこの理由を見て、どう思いましたか?
ワッキーの考えなので、必ずコレだ!!ということではないので信じすぎないよう気をつけてください。

どちらも海では危険生物として扱われているので、見つけた際には捕まえようとせずにじっと見守っててくださいね。

see you next week


海の危険

みなさんこんにちは〜

日焼けをした肩と首の皮がむけた荒岡です

いや〜3日間日焼けの痛みに悩まされました、、、

さて、その後みなさんは夏を満喫していますか?

海やプールやバーベキューをして日焼けに苦しんだ人もいるんじゃないですか?

しかし、辛いのは日焼けだけではありません

海には危険な生物がたくさんいるのをみなさんは知っていますか?

今回はそんなたくさんいる危険生物の一部を紹介します。
みなさんも水族館などで1度は見たことがあると思います

 

ハナミノカサゴ

次の写真は、、、


キリンミノ

どちらもミノカサゴの仲間です。

見ているだけならキレイでカワイイ魚ですが、背びれに毒をもっているのです

さわってしまうと大変なことに、、、

それではそんなキリンミノをさわってしまった人に話を聞いてみましょう

それはこのひと

P8060333.JPG

そぉです!!恥ずかしがり屋でたまに奇声を発して捻挫をしていても走り回る

OMRC1のザ・少年の心のままの森脇こと「ワッキー」

潜水作業中に岩陰に隠れていたキリンミノをさわってしまったのです…

刺されたときの感想を聞いてみたら、

「チクッとしたら、だんだんドクドクしてきた・・・」

っえ?それだけ??

聞く人を間違えたみたいです、、、さすが捻挫をしても走り回る人だ

さて、このブログを見ている全国の皆様、ミノカサゴに刺されたらとっても痛いですからね!!

あと腫れますよ!!

では刺されてしまったときの応急処置を紹介しましょう

ミノカサゴに刺されたら40〜45℃程度のお湯に30〜60分つけてください。

そうすると毒の働きが弱くなっていきます

あとは病院に行くことをお勧めします

夏はこれからです!!皆さん夏を満喫しましょう




食欲の夏

 

皆さん、こんにちは!
最近沖縄は気温30度を超える猛暑日が続いています
食欲も落ち完全に夏バテ気味の野原です!


そんな野原とは裏腹に、どんどん食欲が高まってる生き物達がいます。
今日はそんな生き物達を紹介したいと思います


まずはこちら。

ジャーーン!!


タッチングリーフに暮らしてる、コハちゃん!!

大好物のイカを見せるとまじまじと見ていますね

全てあげ終えても、「もっとないの?」と言わんばかりの顔でこちらを見つめてきます。


でも体調管理はしっかりと行わないといけないので、1日のご飯の量は
決まっています与えすぎは肥満になるので要注意ですね!


次はこちら!!



タッチングリーフのお魚達!
普段は大人しいお魚ですが、この時期のお魚達にご飯をあげると、、、

こうなります!!


凄まじい勢いですね!

夏場は水温も上昇し、生き物達の代謝も上がっていき、食欲も向上します!


これから夏本番!

僕達もたくさん食べて、元気よく夏を乗り越えたいですね


そして、みなさんにお知らせです!
なんと、、、
来週から火曜日担当が変わります
僕の担当は今日で終わりです来週からのブログは誰が書くのかお楽しみに〜

それでは、このへんで!
さよ〜なら〜。


恐怖!ゴンズイ玉

こんにちは
神原です。


遅くなりましたが、ワールドカップ今回の王者はドイツということでした。
ドイツは前前々回からベスト3以上という事ですので、
ずーっと強かったんです。

今回の優勝で勢いづいたドイツは、選手層の若さと相まって、
どんどん強くなっていくと思われます。
これからドイツの時代が到来することでしょう

毎日ワクワクさせてくれたワールドカップと選手たちに感謝したいと思います。

さて、海の浅瀬には生き物がいっぱいいます。
少し目を凝らすと珍しい生き物がいたりします。


護岸沿いを歩いていると、何かが塊になってうごめいていました。

アップにしてみましょう

これは!海を代表する危険生物「ゴンズイ」だぁー!

以前紹介したアイゴ玉は、このゴンズイが作りだすゴンズイ玉から名前をいただきました。

アイゴに比べると、はるかに密集していますね。

危険な理由は背ビレと胸ビレに持つ毒トゲです。
刺さってしまうと激痛が起こり、一生ゴンズイを見たくなくなるでしょう


しかし、この一糸乱れぬ行動には魅力を感じますね

では今週はこの辺で。
さようなら


新しい仲間

 
みなさん、こんにちは!
火曜日担当の野原です


先週の新人紹介に続いて、今日はリーフガーデンに新しく加わった新たな仲間を
紹介したいと思います


まずこちら!!



ヒトデはヒトデなんですが
名前が、とてもシンプルなんです!

名前は、、、¥ カワテブクロ /

由来は野球のグローブに似ていたことからきてるそうです!

んー、、、似てると言われれば確かに似てるような、、、(笑)

カワテブクロはタッチングリーフのどこかにいるので、
見かけた方は触ってみてくださいね
生き物としては不思議な触り心地ですよ!


その他にもこんなお魚も仲間入りしましたよ!



名前はミスジリュウキュウスズメダイといいます

見てのとおり体に3本の黒い模様が名前に由来しています!


他、水槽内にも新しい仲間が加わっていますので、
是非探してみてくださいね


それでは、今週はこのへんで
さよ〜なら〜。

お掃除♪

こんにちは!テラトコです

夏休みが始まりましたね〜!!
今年もたくさんのお客様に会えることを楽しみにしています

沖縄は毎日毎日いい天気が続いています♪



四季の中で夏の空が一番好きです☆

いきなりですが・・・

さぁ、いったい彼は何をしているでしょうか?
 ゝを見たいがために上半身を入れてしまった。
◆,くれんぼをしている
 水槽掃除をしている

答えは・・・・・・


の水槽掃除でしたー!!!!

別の角度から見てみましょう。

マスクをつけ、顔だけを入れて窓をひたすらこすります。
傍から見たら、何をしているの?!とびっくりしますよね
ここの水槽は日当たりがよく、すぐにコケが生えてきてしまうんです・・・
なので定期的にこのように掃除をしているんですよ♪

ちなみに水槽掃除をしてくれているのは、徳島出身の吉岡くんです
では吉岡くんが頑張ってくれた成果を見てみましょう!

befor


after


魚も見えなかった水槽に・・・魚が見えるようになりましたー!
って、本来はこの状態を保たないといけないのにすみません・・・
スタッフ一同頑張って水槽掃除に取り組みます!

掃除をしてきれいになった水槽を見てご満悦な吉岡くん☆


では、みなさんまた来週〜!!


スケルトン大群!

こんにちは
神原です。

ワールドカップ、オランダ対ブラジルの3位決定戦はオランダの勝利に終わりました。
スコアはなんと3−0!

準決勝のドイツ戦に続き、開催国ブラジルは惨敗してしまいました

私が推していたチアゴ・シウバはロッベンの圧倒的スピードに置き去りにされ、
ファウルでしか止められずに、相手にPKを与える結果となってしまいました。

我らがOMRCのチアゴこと、新垣くんもこの表情!
辛さはよーく分かります。

さて台風が去った沖縄でしたが、風が落ち着いても
波や濁りが落ち着くのには少し時間差があります。

波と濁りの中ダイビングを行いましたが、目を凝らすと魚はたくさんいました。

お写真をどうぞ


まずは上から見た写真ですが、魚が群れているのが分かりますね

では水の中はどうでしょう。

急にカメラが入って不規則に逃げ回っていますね


しばらくすると落ち着き、まとまって行動し始めました。

名前は「スカシテンジクダイ 大群を作る種類です。
波の影響か、かなり浅瀬の岩場に大量にいました。

小さい種類ですが、これ程の大群になるとなかなか迫力がありますね。
大概が大型の肉食魚に捕食されてしまいますが、頑張って種を残してほしいものです。

では今週はこの辺で
さようなら



おじさんBaby's!

こんにちは。
神原です

ワールドカップもいよいよ決勝トーナメントスタートです。
いやーしかし、オランダ強いですね
ロッベン選手は時速37kmで走るそうですよ。
バイクで時速37kmを体験してみたのですが、
このスピードで急停止できるロッベン選手の怪物性を身を持って感じましたね。
バイクだと確実に大事故、大怪我必至です

誰がロッベンを止めるのか!
ここはやはりブラジル代表のチアゴ・シウバ選手しかいません。

OMRCのチアゴ・シウバこと新垣君もそう思っていることでしょう。
頑張れセレソン!


さて、今週も可愛い魚を紹介します。

ダイビングをしているとオジサンを見つけました。
ヒゲがあるのでこのような名前がつけられたそうですよ。

可愛いなぁ!と思っていたその時・・・

うわー!オジサンだらけだ


ベイビーラッシュであるこの時期は、オジサンBaby'sが餌を探して群れています

こんな名前ですがまだ幼魚です。
幼魚をおじさんと呼ぶのは変な感じですが、本当に可愛いお魚です!
皆様もこの愛らしいお魚をぜひ沖縄の海に見に来てください。

では今週はこの辺で。
さようなら



おしぎょ!


みなさん、こんにちは!
火曜日担当の野原です


今週紹介するは、私の推し魚でもある、可愛い可愛い
あの子を紹介したいと思います

その可愛い可愛いあの子とは、、、



じゃーーん!!

ニモでお馴染みのカクレクマノミです

私の第1回目のブログではニモのお父さんと冒険を共にするナンヨウハギのドリーも

少し紹介しましたね



カクレクマノミは名前のとおり、このイソギンチャクの中に隠れています。

イソギンチャクの中に隠れることによって身を守っているんですね〜



クマノミ達はイソギンチャクの中にいても大丈夫なの??
と思う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
ご安心を
クマノミ達の体は、ちゃんと粘膜で守られているので

イソギンチャクの刺胞毒も効果がないんです


ですが、、、
その粘膜をキレイに洗い流してイソギンチャクの中に戻すと…
毒にやられ、しびれてしばらく動かなくなってしまいます

この水槽内には5匹のカクレクマノミが暮らしてるんですが
クマノミの面白い生態の1つに性転換というのがあります。

同じイソギンチャク内に暮らしているクマノミの中で1番大きい子がメス
2番目以降がオスになります!!

1番大きい子がいなくなった場合、2番目に大きかった子がメスに性転換するんです

人間で考えるとと凄いことですよね、、、(笑)


このように面白い生態をもった魚は沢山います!

みなさんも数千種類といる魚の中から自分の推し魚を探してみてはいかがでしょうか


それでは、今週はこのへんで!!
さよーなら〜〜



DateYear
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: