とったどー!

 

みなさん、こんにちは

日曜日担当テラトコです

沖縄は暑い、暑い、暑いーーー!じめっとした暑さから、からっとした暑さに変わりました。

梅雨開け

今年の夏はいっぱい海に行こうと思います♪♪


さて、今日は私の同期で、京都出身なのに気品が感じられない平岩さんが

私の大好きな生き物を取ってきてくれてエイのお部屋に仲間入りしたので紹介します



どんっ!



フグーーー!

フグはフグでも、サザナミフグという名前です。

この模様と、正面からのかわいい顔。たまりません。

このフグ、イルカの部屋に迷い込んでしまって出ることができなかったので、

平岩さんが救出してくれたんです

ただ、しばらくごはんを食べていなかったのか、かなりの痩せが目立つ・・・

薬浴をし、餌をあげてみると・・・





ものすごい勢いで食べましたよ!ひとまず一安心。

これからこの痩せが目立たなくなるよう、しっかり飼育していきます!
フィッシュアドベンチャーにご参加される際は是非探してみて下さいね!


おまけ


平岩さん、トレーニング風景。フグは一切興味なし・・・

どんまい、平岩トレーナー


美しい赤ちゃん!

こんにちは
神原です。

私が愛する、この世で最も美しいサッカーをする国スペインの、
ワールドカップでのグループリーグ敗退が決定してしまいました。
前回王者は優勝できないというジンクスを打ち破ることはできませんでした。

最強スペインの時代は終わってしまったのか!
私はただ、彼らの復活を祈るのみでございます。


さて、今週も赤ちゃんシリーズでいきたいと思います
今週はキレイな色合いの赤ちゃんを紹介します。

まずはイシモチの仲間!

透明感のある体に黄色のグラデーションがとても清潔感を感じさせますね。
群れで生活していることで一層鮮やかに見えます。

続いて「レモンスズメダイ」の赤ちゃん!



前半分だけ見るとルリスズメダイのようで、後ろ半分はネッタイスズメダイのようなカラーです。

青と黄色のハーフがきれいですね

最後は「クロスズメダイ」の赤ちゃんです。

名前とは違い全く黒くないですね
赤ちゃんの間は体が黄色と白です。

しかし大人になると下の写真のように全身が黒くなります

                   (※講談社の動く図鑑より参照)
一体どのような過程で黒くなるのでしょうか。
昔は別の種類だと考えられていたそうですよ。


またキレイな魚を見つけたら紹介したいと思います。


では今週はこの辺で。

さようなら



牛の舌


みなさん、こんにちは〜
火曜日担当の野原です!

最近はセミも鳴き始め、より一層夏らしくなってきましたね〜

さて、またまたOMRCの水槽に新しい仲間が加わりましたよ!!

それがコチラ

じゃーーん


これ何だと思いますか〜

コチラ、ウシノシタというお魚なんです!

もしかしたら、カレイやヒラメの仲間!!?
と思った方もいると思いますが、その2匹とは全く
異なる種類で、体が平たく両目がヒラメのように片側にだけついているので、
主に関東では、シタビラメと呼ばれています!



この写真の中心にあるのが目です
よーーく見てみてください(笑)

ちなみに、シタビラメを漢字で書くと
こうなります、「舌平目」
名前の由来は形が舌の形に似ていることからきています。

そしてなんと、このウシノシタは
高級魚なんです!!

調理法は塩焼きや煮付け、揚げ物などさまざまな食べ方ができるみたいなんですが、
肉薄で、調理が困難なため刺身には向かないみたいです


そんなウシノシタは、OMRCのどこかの水槽に隠れていますので、遊びに来た際は
水槽内の下をよーーく探してみてくださいね


それでは、今日はこのへんで!
さよ〜なら〜。

赤ちゃん!

こんにちは!
神原です。

皆様、ワールドカップはご覧になっていますか?
寝不足の日が続きますね。

残念ながら日本は初戦を落としてしまいました
さらに私が応援しているスペイン、ウルグアイ、ポルトガルも
黒星スタートとなってしまいました

私神原、この結果に一時は食欲を失うほどショックを受けていましたが、
選手たちが諦めていない以上、応援をやめるわけにはいけません。
どの国も後が無くなってしまいましたが、
最後にはしっかり勝ってくれると信じています。

さて先週のブログでも紹介しましたが、
この時期、沖縄の海では多くの新しい命が生まれています。

先日ダイビングを行った際に、かわいい写真が撮れたので紹介させていただきます。

早速お写真を

イソギンチャクの中央で顔を出しているのがカクレクマノミのお母さんです。
隅の方にいる小さいクマノミが赤ちゃんですね

そして下の方にいる黒い魚は、以前私がブログで紹介した
ミツボシクロスズメダイの赤ちゃんです
子どもの時だけクマノミのようにイソギンチャクの中で暮らします。


近づくと子ども達はしっかり隠れていきましたが、お母さんはこちらを睨みつけていますね

頑張れ!戦う母さん!


先週紹介したルリスズメダイも赤ちゃんを含めたくさんいましたよ。

今の時期は可愛らしいお魚でいっぱいです。
皆様もぜひ沖縄の海に遊びに来てください。

では今週はこの辺で
さようなら。


青い赤ちゃん!

こんにちは
神原です。

あと少しで4年に1度の大興奮、ワールドカップが開幕します。
今回の開催地はサッカー大国ブラジル。日本との時間差が12時間ということで、
日本で試合が放送されるのは早朝や深夜です

私神原、ものすごい早寝や免疫強化のヨーグルトを駆使し、
日本戦はもちろん強豪国の試合も万全の体制で見る予定です。
「ワールドカップ見てて風邪ひきました(笑)」なんて寝言を言っていては、
遠い異国の地で戦ってくれているサムライ達に申し訳がありません。


さて、沖縄は気温だけでなく海水温も日に日に暖かくなっております。
海に入るのが快適に感じる季節になってきましたね。

今日は海レッスンエリアで見つけた美しくも可愛らしいお魚を紹介します。
早速お写真をどうぞ

かなり小さいですね。
よーーく見てください。青い点々がたくさんいるのが分かりますか?
手前に写っているシラヒゲウニと比べると、その小ささがよく分かると思います。

ではアップにしてみましょう

沖縄を代表する熱帯魚「ルリスズメダイ」の赤ちゃんです

ルリスズメダイは夏が産卵期だそうなので、この子達は産まれたてホヤホヤです。
岩の隙間に上手に隠れ、必死に生きています

いくら周りを網に囲まれ大きな魚は入って来られないエリアだといっても、
これ程小さなお魚なら食べられてしまうでしょう。

とても綺麗なお魚なので、頑張って少しでも多く生き残ってほしいですね。

では今週はこの辺で
さようなら





恐怖!アイゴ玉!

お久しぶりの方もはじめましての方もこんにちは

那覇市から浦添市に引っ越し、出勤時間が少し短くなったかと思いきや、

裏の畑からやってくる虫に日々おびえている数か月ぶりの神原です


さて皆様、海はとても楽しいところですが、危険も潜んでいるということは

お分かりの方も多いでしょう。


海でケガをしてしまう理由には様々なものがあります。

中には生き物によりケガをしてしまう人もいることでしょう。

俗に危険生物と呼ばれる生き物ですね。

海には危険生物がたくさんいます。どれも特徴が異なり、様々な生態を持っています。


今日紹介する生き物はヒレに毒を持ち、群れで行動する危険生物です。

早速紹介しましょう


名前は「アミアイゴ」といいます

背ビレと腹ビレに毒針を持ち、刺さるととても痛いそうな・・・

普段は広い海の中、群れで行動しているのでここまで狭く固まることはあまりないでしょう。

しかし、ここは海風レストランにある水槽なので、よくこのような塊になっています。

この形はゴンズイが作り出す「ゴンズイ玉」に似ていますね。

                (※山と渓谷社 日本の海水魚より参照)

なので「アイゴ玉」と名付けます。


水槽を掃除する際はアイゴ達に気を付けながら行動しないとケガをしてしまいます。

とても臆病な魚なのでパニックになるとこちらに突っ込んでくるかもしれません


これから海のシーズンに入っていきますが、

皆様くれぐれもケガの無いようにお願いします。

危なそうな生き物やよく分からない生き物には

イタズラをしないように徹底しましょう。


そしてルネッサンス リゾート オキナワに遊びに来た際には、

海風レストランの「アイゴ玉」を是非見に来てください。


ではまた会いましょう。

さようなら



はじめまして!!

 
みなさん、はじめまして!!
今月から火曜日を担当する事になりました、のんちゃんこと野原廣弥(のはら こうや)です!

初のブログということで、緊張しながら1文字1文字を打ち込んでいます(笑)
まずは簡単に自己紹介をさせて頂きます。

私は沖縄生まれ沖縄育ち、生粋の沖縄人でございます。
顔が濃くないので、よく本州の生まれと間違えられがちです(笑)
年齢は20歳、好きな食べ物は甘ーいフルーツ好きな色は「青色」です。

そんな第1回目の投稿テーマは、ルネッサンス リゾート オキナワに
暮らしてる青色の生き物を紹介していきたいと思いまーす

まず初めに紹介する生き物は、、、
じゃーーん!!!!リーフガーデンでもおなじみ↓↓↓

アオヒトデ!
英名ではアオヒトデのことを Blue sea starと呼びます。なんとも幻想的な名前ですね!!
ヒトデ達にもちゃんと目や足があるんですよ。

目はどこにあるかというと、、、実はこの腕1本1本の先端


目と言っても、私達人間のように物がハッキリ見えてるわけではなく、
明暗ぐらいしか分かっていないと言われています。

そしてアオヒトデの裏側は、こうなってます。


もう少し腕をアップして見てみましょう!


この溝の中に管足
と呼ばれる足が無数に隠れているんですよ。
そして管足を使ってゆっくり歩くことができ、更になんと!!!
歩くこと以外にも管足はヒトデ達の呼吸にも使われているんです。とても便利な足ですね〜


次に紹介するのは、、、
映画ファインディング・ニモでもおなじみ、
マーリンと冒険を共にするドリーことナンヨウハギ
です!!


映画では天然系のキャラクターですが、実は尾ビレ辺りには棘をもっていて、
敵に襲われそうになるとその棘を使って攻撃する事もできるんです!
その棘には毒があるとも言われていますよ!
ドリー、、、侮れませんね(笑)


最後に紹介する生き物は、リーフガーデンにある水槽の中で私が最も好きな生き物!
それがこちらです。

じゃーーん!!!


中には沢山の
ルリスズメダイ!!
名の通り体色が鮮やかな瑠璃色をしており、別名コバルトスズメダイとも呼ばれていますよ
この沢山いるルリスズメダイ達をよーく見ると、しっぽの辺りが透明な子と、
しっぽまで瑠璃色の子がいるんですが、これは雌雄の違いなんです!
しっぽが透明な子はメスで、しっぽまで瑠璃色な子はオスなんです!
ぜひルネッサンス リゾート オキナワに遊びに来た際には、その違いも見比べてみてくださいね


皆さんも、外に遊びに行った際には、自分の好きな色の生き物を探してみると面白いかもしれません!!

ではまた来週〜さよーならー

調餌場の変わった魚たち

皆さん、こんにちは。木曜日担当の新垣です。

突然ですが、ルネッサンス リゾート オキナワには現在10頭のイルカがいます

イルカ達は1頭につき、1日約10圓盖を食べる為、魚を大量に使用します。

この写真はアジの塊です


魚は冷凍ブロック状なので、必要な分を毎日溶かして使用していますが、
その中には種類の違う魚が混ざっている事もあります。

今回は先日見つけた面白い魚を紹介します

まずはコノシロと一緒に入っていたこの魚…


皆さんはこの魚の名前を知っていますか?

これはヒイラギです。10cm程度の物が入っている事が多いです

薄くて小さい魚なので、食べる部分は少ないですが
地域によっては唐揚げや干物にして食べるそうです。

私も酒のつまみとして売っているのを見たことがありますが、
まだ食べた事はない魚です

では、次にトビウオと一緒に入っていたこの魚、皆さんは知っていますか


これは、イボダイという魚です。
エラ蓋の上に斑点があり、イボのように見える事からこのような名前がついたそうです

イボダイは夏から秋にかけて旬なのでこれから美味しい季節なんですよ
私は食べたことが無いので、機会があれば是非食べてみたいです

これからも色々な生き物を紹介していきますので、お楽しみに


久しぶりの...コブ

こんにちは、亮太です
今週は久しぶりにリーフガーデンに加わった、新たな仲間をご紹介します。

それがこちらのコブヒトデ
その名の通り、見事に突き出たたくさんのコブを持つヒトデです。



「珍しい!!」というほどではありませんが、
アオヒトデやマンジュウヒトデに比べると見かけることが少ないこのヒトデ。
(ルネッサンス リゾート オキナワ近海/亮太調べ)
直径30cm近くにもなる大きさと、
裏返した時に立派な管足(かんそく:先端が吸盤になった足)が見えやすいのが魅力です



管足そのものはアオヒトデやマンジュウヒトデも持っていますが、
裏返してもすぐに隠されてしまうので、観察がとっても難しい



体の他の部分に比べて軟らかい管足は、敵に狙われやすいデリケートな部分なんです。
しかしコブヒトデは肝が据わっているのか、
裏返しても管足を隠さず見せてくれる確率が高い(ような気がする)のです

写真ではわかりにくいですが、体の中央にあるお尻の穴も、
他のヒトデに比べて見つけやすいですよ



サービス精神旺盛で、観察にピッタリなコブヒトデ
ぜひ皆さんも探してみてくださいね!


近海の生き物

皆さん、 こんにちは。木曜担当の新垣です。

今回紹介する生き物はヤガラです↓↓↓



皆さんはヤガラを見たことはありますか?
日本近海でみることができるヤガラはアカヤガラアオヤガラの2種類います。
アカヤガラは高級魚として知られていますが、アオヤガラは高級魚ではありません。
ルネッサンス リゾート オキナワ近海ではアオヤガラが多いので、少し残念ですね

大きさは2m近くまで成長するものもいますが、ルネッサンス リゾート オキナワ近海では、
1m未満のアオヤガラが多く見られます。

この写真のアオヤガラも約60cm程なので、これからの成長が楽しみですね



アオヤガラは外洋側や、海レッスンエリアで見かけることができるので、
興味を持った方は探してみてはいかがでしょうか

それではまた、次回の更新をお楽しみに



DateYear
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: