小さくても強いんです!!

 みなさんこんにちは
立春になったのに雪が降ったり、寒波が来たり。。今年は本当に冬が寒い
冷え症の私にとっては1番の山場です。(笑)
早く春にならないかな〜

普段は火曜日のブログに登場する私ですが今回は珍しく土曜日の植物紹介をしたいと思います!!
今回、みなさんに、ご紹介する植物は「リュウキュウコスミレ」という植物です
沖縄では10種類のスミレがあるそうなのですが、本土のスミレよりも葉の厚く花の色も紫色から白色まで
種類が多いそうです。



大きさは15~20cm位で葉は全て根からでています。茎の途中から葉は出ないんですね
花の大きさは15mm位の大きさで紫色の花を咲かせます。花が咲いた後は実が膨らみ熟すと3つに裂けて丸い種を弾いて飛ばします!!
スミレの種の表面にはアリが好むエライオソームが付いています。エライオソームとは、白く柔らかい物質で種をアリに運んでもらう為に進化したものだそうです。アリは餌として種を運びエライオソームを食べます。食べ終わった後は種を巣の近くに捨てるのですが、アリが、それぞれの巣に運ぶ事により種が遠く広く分散させられ一石二鳥なんですね
歩道や道路の隙間など狭い場所でも力強く器用に成長していくことが出来ます
また、葉は茹でてお浸しにしたり和え物にして食べる事も出来るそうです。
才色兼備の花と言われ、自分の分身を残す方法だったり色だったり、美しさだったりと色々な事を
兼ね備えています

ホテル近くの歩道でも見る事が出来るので探してみて下さいね


サトウキビ畑とカマと筋肉痛

 みなさんこんにちは


今回は今が旬のサトウキビについて紹介します。


沖縄にはサトウキビ畑がたくさんあります。遊びに来られた事がある方は
車で移動している時に見た事が多いと思います
サトウキビは約2mくらいに成長する砂糖の元になっている植物で
沖縄の方言ではウージと呼ばれています


今回はそのサトウキビの収穫に行ってきました。

道具はカマなどを使って刈りとります。

右のカマは茎に付いている葉を落とすのにとても便利です


 茎についてる枯れた葉を         カマでひっかく            すっきり!


後はナタで根元と上の葉を切り     30〜40cmに切る           終わり!

サトウキビの収穫は1〜3月に行っており、この時期はサトウキビを
山もりに積んだトラックが走っているのをよく見れます

冬に遊びに来る方は是非サトウキビの収穫体験に参加してみて下さい。
刈り取って運ぶのはほぼ人力なので筋肉痛にはご注意を

それではまた次回もヨロシクお願いします


☆☆☆ 追伸 ☆☆☆
 ルネッサンス リゾート オキナワでは3月15日まで限定で『'ざわわ'の畑でさとうきび収穫体験!』イベントを行っています♪自分でサトウキビを収穫したり、お土産にサトウキビを持って帰ったりも出来ますよ〜。あの不思議な形のカマも使えちゃうかも!?
詳しくは、こちらまで!!http://www.renaissance-okinawa.com/whatsnews/index30.html

サイハイデイゴ

 土曜日なので、恒例の植物紹介今までた〜くさんの植物を紹介してきましたが、まだまだホテルにはいろんな植物が生えています。

 今日はこれ!サイハイデイゴです写真が暗めですいません
 デイゴという植物はみなさん聞いたことあると思います。沖縄の県花にも指定されています

 今日紹介するのはサイハイデイゴで、デイゴではありません。・・・・・・わかりにくいですねぇ実はデイゴには種類がいっぱいあります。沖縄の県花は『デイゴ』ですが、他にも『マルバデイゴ』や『メキシコデイゴ』など仲間はいっぱいなのです!葉や花の形、開花時期などが微妙に違います。

 そのたくさんのデイゴの中でも多分1番最初に開花するのが、このサイハイデイゴです。早ければ1月の終わりごろから見ることができます。寒いのに頑張ってます

 ホテルでは、正面玄関やドルフィンショップの前あたりで見ることが出来ます。ちょうど今が見ごろです

 
 それにしてもサイハイってハイサイと読み間違えそうになるのは私だけ!?ハイサイとは沖縄の方言で「こんにちは」という意味です。ハイサイデイゴだったら、何か陽気な感じで良くないですか?「まだ冬だけど、私たちはへっちゃら〜」と元気に言っているような気がします。


 天気のいい日も続き、昼間は気温が20度以上ある日が続いていたのですが、昨日、今日でまた冬の天気に逆戻り・・・・・・このまま寒くなることなく、春になってくれればな〜と思っていたのに。
 本土は週末大雪みたいなので、皆様体調崩されませんように。長期休みで実家に帰っているりょうたくんも風邪引かないようにね☆

 みなさんも春を先取り中のハイサイデイゴ・・・・・・じゃなかったサイハイデイゴを探してみてくださいね


ゴールデンカップ

 沖縄は冬・・・・・・・とは言いつつ、暖かい。この時期に開花するお花もたくさんあります今日はつい最近開花したお花を紹介します。別名ゴールデンカップ!!!

 この黄色いお花、名前をウコンラッパバナと言います。直径20cmくらいもある大きな花びらがラッパのように見えること、花びらがウコンの色に似ていることからこの名前がついたと言われています。

 一度にたくさんの花を咲かせるわけではありませんが、花が大きいので、咲くと目立ちます!「どど~ん!!」って感じでかっこいいです

 


 ウコンラッパバナはメキシコ原産で、開花時期は12月~4月ごろにかけです。ルネッサンス リゾート オキナワでは室内プールの外出たすぐのところに咲いていますよ

 今日気付いたお花は1つだけ(最近咲いた見たいです)でしたが、これからパラパラと咲いてくれると思います。大きなゴールデンカップを探してみて下さいね。


春はもうすぐそこ?!

 こんにちは
新年明けたかと思ったら、もう1月中旬。。本当に早い!!
お正月の飾りが片付いたと思ったら今度はバレンタインの準備が始まっています
気付いたら今年が終わっていた。。という事がないように、1日1日を大切に過ごそうと思います!!

今日はみなさんにちょっぴり?!大分早い春をお届けしたいと思います。


この写真、何だか分かりますか?!そう!!桜です
本土では桜は3月の下旬から4月上旬に咲きますが、沖縄では1月の中旬から咲き始めるんです!!
なので、入学式の時は葉さくらですが色が濃くて、とっても綺麗です!!

桜の名前は「カンヒザクラ」(別名ヒカンザクラ)と言います。
本土で咲くソメイヨシノとは違い花の色が濃く、とても鮮やかです!!
花の大きさは1〜2cmで花の咲く方向も下向きで、お花同士がいくつも集まり満開になると花束のような形が枝に、いくつも出来あがるんです
桜が咲き始めるのも南からではなく、北から咲き始めていくんですよ〜!!
最初は凄くビックリしましたが、桜の木の隙間から見える青空は最高です
そして1月の下旬から桜祭りも始まります
桜の下で、美味しいご飯を食べたり、お酒を飲んだり。。
踊りだしたり?!沖縄のお花見はとっても賑やか♪
残念ながらホテルには桜の木は植えられていないのですが、もうしばらくすると道路沿いに植えられている桜も咲き始めます!!
ドライブしながら是非桜の木を探してみてくださいね
では最後に、もう1枚!!

 ホテルにも植えてくれないかな〜。。

最強の植物

 2011年、初の植物紹介の時間です今年も沖縄の活き活きとした植物をたくさん紹介していきたいと思いますっ

 さて、今日は『沖縄で最強』と言われることもあるフクギを紹介。
 
 フクギはオトギリソウ科の植物で家や畑の周りでよく見かけます。まぁるくて、ちょっと堅めの葉が特徴です。

 このフクギ、何で最強なのかというと・・・・・・?

 実は、防風林や防火林として有名な植物なのです!!防風林とは、その名の通り暴風から畑や家を守るのに適している植物のこと沖縄は台風が多いし、冬も大荒れになる日も多いです。そのため、沖縄各地にこの防風林が植えられています。防火林も同じです。火事になったとき火が隣の家に移るのを防いでくれます。
 フクギってすごいですねぇ。

 
 このフクギ、実は防風林や防火林のためだけに利用されているわけではありません

 実は、このフクギの葉から黄色の染料をとることができるのです。沖縄の伝統的な染物、紅型の染料で使われる黄色も昔はこのフクギからとっていました 
 






 葉を鍋に水と一緒に入れ、ぐつぐつ煮こんでいくと、白いハンカチを黄色く染めることができます(いくつかの工程を行ってですが)。結構きれいでしょ?






 本部町に有名なフクギ並木がありますが、ルネッサンス リゾート オキナワ内にもフクギ並木がありますドルフィンラグーンカウンターの後ろあたりになが〜い並木が!!!チャペル辺りからアンビルハウス辺りまで植えられています。ホテルのフクギ並木にもぜひお越しくださいね


ちぃぱっぱ

 最近お休み気味だった植物紹介・・・・・・お待たせしました!!今日やります。

 今日はツワブキという植物です。
 ツワブキはキク科の多年草で、イシブキ、ツワとも呼ばれます。沖縄以外にも四国や九州などでも見られるようで、低地や山地の日陰や海岸に多いです。

 このツワブキ、『つやのある葉』から『ツハブキ』→『ツヤブキ』と呼ばれるようになったそうです。よく見ると葉がテカテカしていますね。
 
 ちなみに沖縄の方言で『ちぃぱっぱ』と呼ばれます。可愛い名前でしょ?私もこの名前、すごく気に入っていますっ!!




 開花時期は10月~1月ごろ。ちょうど今の時期が見ごろです。綺麗な黄色い花が咲いています!

 花言葉は『困難に傷つけらない』だそうです。その名の通り、寒~い時期にも関わらず咲き誇る姿は、見る人にパワーをくれます。
 
 今年の冬、OMRCスタッフは風邪で何名かパタパタ休んだ時期もありましたが、今ではだいぶ落ち着き(インフルエンザの予防接種もしたしね☆)、冬休み時期をみんなで乗り切り中です。ツワブキのように困難に負けず、残りの冬も乗り越えていきたいと思いますっ!!!ちぃぱっぱのように可愛く、強くね。


アダン

 日曜日になってしまいましたが、今週の植物紹介コーナーです今日はアダンの木。

 アダンはタコノキ科の植物で、熱帯や亜熱帯地域に生息しています。先日紹介したタコノキ(http://diary.omrc.jp/?eid=129)と同じ仲間ですね写真(右がアダン、左下がタコノキ)を見比べるとどちらも根元辺りにたくさんの気根が生えています。しかし、まっすぐ生えるタコノキに対して、アダンは横向き(まっすぐではない)に生えています。似ているようですが、よく見ると違うところもいくつかあります


 
  大きな違いは、実
 どちらも小さな(といっても3cmくらいですが)種がたくさんくっついているのですが、種の形が大きく違います(写真左がアダンで、右下がタコノキ)。また、集まっている実の形がまん丸のタコノキに対して、アダンの実は長丸。
 どちらの実もヤドカリの大好物で、落ちた実によく集まって食べています。


 どちらの木も長い葉がトゲトゲしているので、触るときは要注意です!
ちなみに・・・
  
アダンの葉や幹は利用価値が高く、新芽をあく抜きして食べたり、煮て乾燥させた後、細工物やかごを作るのにも使われていたそうです、トゲトゲしている部分を取って、編みこむとこんなおもちゃも作れます。








ピンクは花じゃないよ

 土曜日になりました、今日は熱帯を代表する植物ブーゲンビレアを紹介します ブーゲンビリアとも言いますが、どちらでもよさそう。呼びやすいお好みの名前で呼んであげてください。

 ブーゲンビレアはブラジル原産で、沖縄では古くから栽培されているようです基本種が3種あり、その3種のさまざまな交配によって多くの品種があります。

 ブーゲンビレアをぱっと見て一番見につくのが、きれいなピンク色(種によっては白やオレンジもありますが)一瞬花のようにも見えますが、実は花は別にあり苞(ほう)といいます。あまり聞きなれない単語ですが、苞とは苞葉ともいい、花のつぼみを包んでいた部分です。多くの植物は通常の葉よりも小さく、緑色をしています。しかし、植物によっては花のように緑以外の色であったり、葉のように発達し本当の葉が退化したりしている植物もあります。ブーゲンビレアはこの苞がとても発達しています






 ブーゲンビレアを近くでみると白い小さな花を見る事ができます3つの花がちょこんっと咲いているのを見つけると幸せな気分になりますよ

 

 ホテルでは正面玄関と、ロビーにた~くさんのブーゲンビレアが咲いています!!ちなみに花言葉は魅力。みなさんもこの魅力ある植物を探してみてください。



トックリキワタ満開

 先々週かな?土曜日の植物紹介でホテルの正面玄関に植えられているトックリキワタを紹介しました(http://diary.omrc.jp/?eid=163)。ピンクの花がかわいかったですね!

 満開になるとす〜ごくキレイなのですが、ホテルの正面玄関のトックリキワタはまだ若く(高さや幹の太さからして)、「うぉっ、すご〜い」というほど満開にはなりません(もちろんきれいですが)。早く大きくなぁれ!!「満開のトックリキワタの写真を載せたい」ということで、ホテルの外へドライブです
 



 「あった〜!!」と、車で思わず叫んでしまいました(笑)。見事な満開っぷりです

 このトックリキワタはルネッサンス リゾート オキナワからココガーデン リゾート オキナワへと行く道(ホテルのシャトルバスも通ります)の途中にあります。リュウキュウマツ並木の途中にピンクのと花をたくさ〜んつけたトックリキワタが!!!きっとシャトルバスや車で通過する多くの方の目をひいていることでしょう。

 幹は太く、こちらも見事なトックリっぷりです
太い幹にはたくさんの鋭いとげが!!触るとけっこう痛いです手をついたり、もたれかかったりしないように要注意!!まさに『綺麗な花には棘がある』ですね










 ちなみにこちらがそのとげです。撮影中もうっかりさわってしまいました(

 国道沿いにもトックリキワタはたくさん植えられているので、沖縄をドライブしながら探してみてください


DateYear
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: